ビジネス

2020年にひっそりと消えたクルマたち なぜ切り捨てられたか

今年8月に生産終了したトヨタの「レクサスGS」

今年8月に生産終了したトヨタの「レクサスGS」

 100年に1度の大変革と言われ、技術革新の荒波にもまれている自動車業界。近年はモデルチェンジのサイクルも早まり、毎年多くのブランドが生産を終了し、市場から姿を消している。自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が、今年コロナ禍でひっそりと消えたブランドの一部を挙げて、その理由について考察する。

 * * *
 コロナ禍による影響とあいまって、いま自動車業界では次の世代に向けた事業のメタモルフォーゼのスピードがさらに上がっているように感じられる。そんな中で増えたのが、“無駄なモデル”の整理だ。

 クルマ自体が古かったり、市場の特性に合わなかったりするものは、容赦なくバッサバッサと切り捨てられる時代。2020年もいくつものモデルが後継機種もないままに姿を消したり生産終了が発表されたりした。

日本固有サイズの作り分けが非効率的に
「プレミオ/アリオン」(トヨタ自動車)

 今年12月、トヨタ自動車は5ナンバーセダンの「プレミオ/アリオン」、サブコンパクトトールワゴンの「ポルテ/スペイド」、そして3列シートの「プリウスα」と、一気に5車種のモデル廃止を発表した。生産終了は2021年3月。

 この5モデルに共通するのは、つい7、8年ほど前まではそれなりに人気があり、販売台数もほどほどだったということ。そして、人気が日本市場限定だったということだ。その典型例が5ナンバーセダンのプレミオ/アリオン兄弟と言える。

クラウンの面影を少し投影していたトヨタ「プレミオ」

クラウンの面影を少し投影していたトヨタ「プレミオ」

 プレミオの前身はトヨタの伝統的モデルのひとつであった「コロナ(最終型はコロナ・プレミオ)」。アリオンはその兄弟車として1977年に登場した「カリーナ」で、ともに2001年に登場した。

 両方とも5ナンバーボディで、プレミオはその時代の「クラウン」の面影をちょっと投影した、クラウンをうらやましいと思うタイプの人たちへ、アリオンのほうは保守的セダンではあるが若干若作りしたいという人たちへという両取り戦法で一定の人気を得てきた。

保守的セダンでかつては人気もあったトヨタ「アリオン」

保守的セダンでかつては人気もあったトヨタ「アリオン」

 だが、ここにきてプレミオ/アリオンとも主要顧客が免許返納を考える年齢にさしかかり、販売は完全に停滞。5ナンバーの法人需要や若干残った個人需要は下のクラスの「カローラアクシオ」で十分に満たすことができると判断したのだろう。5ナンバーという日本固有のサイズのモデルをいくつも残しておくのは非効率ゆえ、当然車種整理の対象となった。

 トヨタはもともと車種の作り分けについてのノウハウは非情に豊富だ。たとえば「ヤリス」が5ナンバーの日本版と3ナンバーの海外版、さらにプラットフォームの手術なしで3ナンバーの「ヤリスクロス」と、低コストに作り分けている。カローラシリーズもしかりだ。そのトヨタでさえ、少数顧客にサービスで日本専用モデルを多数用意するだけの余力はない時代。モデル廃止は当然の流れと言えるだろう。

関連記事

トピックス

南野陽子が『ザ・ベストテン』の思い出を振り返る
南野陽子が振り返る伝説の音楽番組『ザ・ベストテン』の思い出 「アットホームな雰囲気だけど背筋が伸びる」
週刊ポスト
今いくよ・くるよのコンビは上方漫才大賞の大賞をはじめ、いくつもの賞を受賞し、“女性漫才師のパイオニア”として活躍した。(時事通信フォト)
《時代を敏感に感じ取ってきた女性芸人たち》日常的だった「容姿いじり」からの脱却、変化するその環境や意識
女性セブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン