ビジネス

2020年にひっそりと消えたクルマたち なぜ切り捨てられたか

ジャーマンスリーを捉えられず
「レクサスGS」(トヨタ自動車)

 トヨタがレクサスを北米で展開したのは1989年。それから16年後に日本でレクサスを展開する際、トヨタはレクサスをメルセデスベンツ、BMW、アウディのプレミアム御三家、いわゆるジャーマンスリーのようなブランドに育てたいと考え、後輪駆動ベースのモデルを主軸にするようになった。

欧州でいうプレミアムEセグメントモデルのトヨタ「レクサスGS」

欧州でいうプレミアムEセグメントモデルのトヨタ「レクサスGS」(時事通信フォト)

 レクサスGSはその中軸になる全長5m級、欧州でいうところのプレミアムEセグメントモデル。第1世代、第2世代は日本では「アリスト」の名で売られたが、第3世代は「レクサスGS」としてレクサス日本展開の切り込み隊長役を担った。しかし、この第3世代は世界的にあまり評判が良くなく、アメリカでもこれはプレミアムにあらずと評された。

 その汚名返上を狙い、並々ならぬ力を注いで開発されたのが2011年に北米デビュー、2012年早々には日本にも登場した第4世代である。当時、開発責任者は「環境問題が厳しくなれば、Eセグメントはプレミアムの実質最高クラスになる。そこで勝てるクルマ作りを目指した」と意気込みを語っていた。現在のレクサスのアイデンティティマスクである「スピンドルグリル」が採用された第1号車でもある。

 だが、この第4世代も最後までジャーマンスリーをキャッチアップすることはできなかった。最重要マーケットであるアメリカの昨年の販売台数は3400台弱と、メルセデスベンツ「Eクラス」の10分の1にも届かない有り様であった。そしてついに2020年8月、GSは生産が終了し、廃版となった。

 昨今、トヨタは将来戦略を大きく組み直し、大胆な車種整理に乗り出している。次期レクサスGSを作るとすれば、下は「クラウン」から上は「レクサスLS」「レクサスLC」までを幅広く受け持つ「GA-L」と呼ばれる後輪駆動アーキテクチャで作ることになったであろう。

 だが、トヨタは正式発表していないものの、後輪駆動のクラウンも廃止するなど、後輪駆動のラインナップの大幅縮小に動いている。現在、レクサスのセダン系はレクサスLSとレクサスISが後輪駆動、その中間サイズのレクサスESが前輪駆動となっているが、つい最近のビッグマイナーチェンジで延命を図ったISも、後継は作られず、SUVなどに移行するものと考えられる。

 昨今、BMWが走りの質感を落とし気味になってしまっているなど、ジャーマンスリーも決して骨太の存在ではなくなりつつある。もし電動化ニーズの高まりがもう少し遅ければ、今度こそ勝負になるクルマを作れたかもしれない。

 そういう意味では、レクサスのジャーマンスリーへのチャレンジは少し遅かった。どんなに頑張っても時の運を得られなければ事は成らないということを思い起こさせられるドキュメントであった。

 2021年以降も日本、海外を問わず、大幅な車種構成の組み換えが続くであろう世界の自動車業界。だが、嘆くには及ばない。死にゆく者あれば生まれ出ずる者あり。新しい時代の流れをリードするようなクルマが次々に登場するはずだ。もしノスタルジックなクルマを保有したいという場合、機会を逃さず積極的に買いに走るのが吉というものだろう。

関連記事

トピックス

不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
辛口評論家たちは今季の巨人をどう見ているか(阿部慎之助・監督)
江本孟紀氏が語る今季の巨人「阿部監督には派手さがない。それがいい」「もし優勝でもすれば、MVPは1年早く辞めた原前監督だと思いますね」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン
竹内涼真と
「めちゃくちゃつまんない」「10万円払わせた」エスカレートする私生活暴露に竹内涼真が戦々恐々か 妹・たけうちほのかがバラエティーで活躍中
女性セブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
史上最速Vを決めた大の里(時事通信フォト)
史上最速V・大の里に問われる真価 日体大OBに囲まれた二所ノ関部屋で実力を伸ばすも、大先輩・中村親方が独立後“重し”が消えた時にどうなるか
NEWSポストセブン