ビジネス

2020年にひっそりと消えたクルマたち なぜ切り捨てられたか

ジャーマンスリーを捉えられず
「レクサスGS」(トヨタ自動車)

 トヨタがレクサスを北米で展開したのは1989年。それから16年後に日本でレクサスを展開する際、トヨタはレクサスをメルセデスベンツ、BMW、アウディのプレミアム御三家、いわゆるジャーマンスリーのようなブランドに育てたいと考え、後輪駆動ベースのモデルを主軸にするようになった。

欧州でいうプレミアムEセグメントモデルのトヨタ「レクサスGS」

欧州でいうプレミアムEセグメントモデルのトヨタ「レクサスGS」(時事通信フォト)

 レクサスGSはその中軸になる全長5m級、欧州でいうところのプレミアムEセグメントモデル。第1世代、第2世代は日本では「アリスト」の名で売られたが、第3世代は「レクサスGS」としてレクサス日本展開の切り込み隊長役を担った。しかし、この第3世代は世界的にあまり評判が良くなく、アメリカでもこれはプレミアムにあらずと評された。

 その汚名返上を狙い、並々ならぬ力を注いで開発されたのが2011年に北米デビュー、2012年早々には日本にも登場した第4世代である。当時、開発責任者は「環境問題が厳しくなれば、Eセグメントはプレミアムの実質最高クラスになる。そこで勝てるクルマ作りを目指した」と意気込みを語っていた。現在のレクサスのアイデンティティマスクである「スピンドルグリル」が採用された第1号車でもある。

 だが、この第4世代も最後までジャーマンスリーをキャッチアップすることはできなかった。最重要マーケットであるアメリカの昨年の販売台数は3400台弱と、メルセデスベンツ「Eクラス」の10分の1にも届かない有り様であった。そしてついに2020年8月、GSは生産が終了し、廃版となった。

 昨今、トヨタは将来戦略を大きく組み直し、大胆な車種整理に乗り出している。次期レクサスGSを作るとすれば、下は「クラウン」から上は「レクサスLS」「レクサスLC」までを幅広く受け持つ「GA-L」と呼ばれる後輪駆動アーキテクチャで作ることになったであろう。

 だが、トヨタは正式発表していないものの、後輪駆動のクラウンも廃止するなど、後輪駆動のラインナップの大幅縮小に動いている。現在、レクサスのセダン系はレクサスLSとレクサスISが後輪駆動、その中間サイズのレクサスESが前輪駆動となっているが、つい最近のビッグマイナーチェンジで延命を図ったISも、後継は作られず、SUVなどに移行するものと考えられる。

 昨今、BMWが走りの質感を落とし気味になってしまっているなど、ジャーマンスリーも決して骨太の存在ではなくなりつつある。もし電動化ニーズの高まりがもう少し遅ければ、今度こそ勝負になるクルマを作れたかもしれない。

 そういう意味では、レクサスのジャーマンスリーへのチャレンジは少し遅かった。どんなに頑張っても時の運を得られなければ事は成らないということを思い起こさせられるドキュメントであった。

 2021年以降も日本、海外を問わず、大幅な車種構成の組み換えが続くであろう世界の自動車業界。だが、嘆くには及ばない。死にゆく者あれば生まれ出ずる者あり。新しい時代の流れをリードするようなクルマが次々に登場するはずだ。もしノスタルジックなクルマを保有したいという場合、機会を逃さず積極的に買いに走るのが吉というものだろう。

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン