ビジネス

2020年にひっそりと消えたクルマたち なぜ切り捨てられたか

カッコ悪ければクルマは売れない
「グレイス」(ホンダ)

 ホンダの国内ラインナップにおいてもモデル廃止の嵐が吹き荒れている。グローバルコンパクトの「シビックセダン」、中国市場を主眼としたステーションワゴン「ジェイド」、そして5ナンバーセダンの「グレイス」の3モデルが一気に廃止になった。

もともとアジア市場向けモデルだったホンダ「グレイス」

もともとアジア市場向けモデルだったホンダ「グレイス」

 トヨタと異なるのは、もともと海外市場に最適化されたモデルを日本に持ってきていたという点。シビックセダンは北米ではSUVを除くとコンパクトクラスで圧倒的トップセールスモデルなのだが、日本では不発に終わった。

 3ナンバーサイズの立派なボディに173psの1.5リットルターボ搭載、ADAS(先進運転支援システム)付きで200万円台後半というプライスタグは魅力的に映るとホンダの営業部門は踏んだのだろうが、市場ごとの好みやブランドが抱える客層はこうも違うものかということを実感する結果となった。

 では、日本への適合性が高いとされる5ナンバーはどうか。それに相当するモデルがまさに2014年1月に投入されたアジアンマーケット向けモデルのグレイスだったのだが、これもまた販売目標をほとんどクリアできないまま終わった。

 販売店によれば、5ナンバーセダンは高齢者を中心に若干の需要はあったという。が、忌避されたのはずんぐりとしたデザインだ。

 アジア向けのクルマに求められるニーズは先進国向けとは大きく異なる。広い室内と巨大なトランクを、短い全長の中に押し込める必要があるのだという。開発陣は「『フィット』と部品を共有しつつ、ニーズにそって外形の線を引いたらどうしてもこういうふうにしかならなかった。残念だと思う」と語っていた。

 ちなみに筆者はグレイスのハイブリッドモデルで3300kmほどツーリングしたことがあるが、予想を裏切るハンドリングの良さと好燃費に驚いた。また、後席は頭上空間こそ小さいが乗り心地が良く、眺めも良かった。

 それでも格好が悪ければクルマは売れない。ホンダのビジネスモデルがアジア市場に過剰に引っ張られていなければ、いや、せめてフィットとの共用を求めすぎなければ、もう少しマシな格好になっただろうにと思うと、惜しいクルマだった。

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン