芸能

紅白前に知らなきゃ損するBABYMETAL 世界魅了した10年の歩み

(Sipa USA/時事通信フォト)

紅白を見る前に、BABYMETAL伝説をおさらい(Sipa USA/時事通信フォト)

 大晦日の「第71回NHK紅白歌合戦」に、BABYMETALが初出場する。結成10周年を迎え、12月23日には10曲収録のベストアルバム『10 BABYMETAL YEARS』を10形態でリリースした彼女たちの2020年を締めくくるにふさわしい舞台だ。とはいえ、ヘヴィメタルというジャンルを突き進む彼女たちの活動は、これまであまりお茶の間には届かなかったのも事実だろう。なぜ今、紅白なのか?

 2010年に結成されたBABYMETALは、元々はさくら学院というアイドルグループ内のユニットであり普通のアイドルだった。

 軽音部ならぬ、メタルだから重音部。そんな“部活動”として始まったBABYMETALではあったが、メンバーのSU-METALの歌唱力、MOAMETALとYUIMETALのキュートさに加えて、プロデューサーであるKOBAMETAL氏が紡ぐメタル愛に満ちたサウンドとシアトリカルな演出、バックを支える超絶テクニシャン揃いの神バンドの演奏、数多くのアーティストの振り付けを手掛けるMIKIKOMETAL氏によるステージングが融合して生まれる独自の世界観とパフォーマンス、などによりあっという間に多くのファンを獲得していく。

 YouTubeを介し早くから海外での評価が高かったのも特徴だろう。最初は「キュートな女の子がメタルを演じる」というフォーマットに対する物珍しさもあったのかもしれないが、骨太で疾走感溢れるメタルをベースにトランス、ラップコア、ユーロビートなど様々なジャンルをクロスオーバーさせた唯一無二のサウンドは、ロックの本場であるヨーロッパとアメリカで多くのファンを虜にしていった。

 あくまでアイドルユニットとして見る向きも多かった日本とは対象的に、海外では著名なロックフェスに出演するようになると、2014年リリースの1stアルバム『BABYMETAL』は米ビルボードの総合アルバムチャートにランクインする。そしてレディー・ガガのアメリカ公演に参加した事により、日本での知名度は絶対的なものとなった。

 レディー・ガガを筆頭に、多くのアーティストたちがBABYMETALに魅了されていったのも興味深い。その後もメタリカ、“メタルゴッド”ロブ・ハルフォード、ガンズ・アンド・ローゼズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズといった超大物ロックミュージシャンらと共演したり共にツアーを回ったりするなど、BABYMETALは日本のアーティストの枠を完全に超え、道なき道を進んでゆく。

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
「とにかく便利」という「テスラ」
愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
週刊ポスト
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン