芸能

紅白前に知らなきゃ損するBABYMETAL 世界魅了した10年の歩み

キツネ様のみぞ知る未来

 これまで数々の新たな地平を切り拓いてきたBABYMETALは、その歴史のほとんどを“メタルレジスタンス”と銘打ったストーリーを携えて活動してきた。そして今年、9章まで進んできた物語は、10周年という節目を迎えメタルレジスタンス第10章である“最終章”というフェーズに入ったことが発表されている。この間、オリジナルメンバーであるYUIMETALの脱退という出来事があっても決して歩みを止めることはなかったが、この“最終章”とは何を意味するのだろうか?

「BABYMETALのプロジェクトではよく“Only The FOX GOD Knows”という言い回しをします。“キツネ様のみぞ知る”という意味なのですが、これは本当に“その先どうなるかわからない”ということだと思います。文字通りに捉えるならば“メタルレジスタンス”の終わりということなんですが、それはBABYMETALというユニット自体の区切りというよりも、活動当初から描いてきたストーリーの一つの完結ということだと思います。その先に何があるのか、キツネ様のみぞ知る、です」(柴氏)

 既に発表されている通り、紅白でBABYMETALが披露するのは代表曲である「イジメ、ダメ、ゼッタイ」。メドレーや紅白特別バージョンを用意するアーティストが増えている中、初出場の紅白に同曲を持ってきたBABYMETALには自らの様式と強みをストレートにお茶の間に伝えたいという自信を感じざるを得ない。それは信じた道を進んできたこの10年で得たものなのだろう。柴氏はさらに、“今”のBABYMETALを目撃するチャンスだと語る。

「そもそも音楽番組に出ること自体がほとんどないグループだったので、BABYMETALの名前は知っていてもパフォーマンスを観たことがないという人がほとんどだと思います。デビュー当初の幼かった少女の頃のイメージが鮮烈に残っている人も多いと思いますが、今のBABYMETALは歌もダンスも非常に洗練された迫力がある。いい意味での違和感と爪痕を残してくれるのではないかと思います」(柴氏)

 いよいよクライマックスを迎えるメタルレジスタンス。その目撃者にならない手はない。

◆取材・文/大木信景(HEW)

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト