• TOP
  • 芸能
  • 松重豊、自らの音楽番組を語る「ニッチな音楽を届けたい」

芸能

2021.01.03 16:00  NEWSポストセブン

松重豊、自らの音楽番組を語る「ニッチな音楽を届けたい」

(本人提供写真)

自身のラジオ番組を「絶対的少数派の砦」と評する松重豊氏(本人提供写真)

 長年主演を務める『孤独のグルメ』シリーズ(テレビ東京系)のほか、多数の映画やドラマに出演する“名バイプレイヤー”として知られる松重豊(57)。そんな彼がディープな音楽通でもあることはあまり知られていない。

 2016年、松重が初のラジオDJを務めるレギュラー番組として、『深夜の音楽食堂』(FMヨコハマ、毎週火曜深夜0時半〜)が放送スタートした。初回のゲストとして出演したのはミュージシャンの甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)。というのも、同い年の二人は若い頃に偶然にも同じ中華料理屋でバイトしていた仲で、長年の付き合いなのだ。

 その後も松重のラジオには著名な俳優や女優などが出演する一方、坂本龍一、U-zhaan、国府達矢、PANTA(頭脳警察)、七尾旅人、ものんくる(現・モノンクル)、中村佳穂など、ここには挙げきれないほど多種多様なミュージシャンがゲストとして出演してきている。

 音楽好きの俳優は他にも数多くいるだろうが、松重の『深夜の音楽食堂』は、有名無名を問わず今最もホットで面白い音楽を取り上げ続けてきている。この番組を聴くだけで最新の音楽にも出会うことができ、すなわち貴重な情報発信地となっているのだ。

 なぜこんなにもディープな音楽ラジオ番組がスタートしたのだろうか。松重豊氏本人に話を聞いた。

「歌が下手で楽器も弾けない僕にとって、俳優という職業は仕方無く選んだ結果だという思いがずっとありました。音楽を聴くのが大好きでも、趣味の合う友人がいたためしがないので、自分の嗜好は他人と違うのだと思い込んでいました。

 そんな僕でも、マニアックなお客様が地道に支持をしてくれたおかげで、あるテレビ番組が特殊な長寿ドラマに成長しました。とはいえゴールデンの10%超の視聴率を課せられたものとは違い、3〜4%でもよしとされる深夜枠ゆえの快挙です」(松重氏)

関連記事

トピックス