芸能

つちやかおり「母の認知症」と「施設に入れる罪悪感」を告白

「男性はお母さんの認知症を認めたくないのかも」

「男性はお母さんの認知症を認めたくないのかも」

 人生100年時代になり、老いと病、そして介護や認知症は誰にでも訪れる最後の戦いになりつつある。70代が90代の親を介護するといった「老老介護」も当たり前になった。だからこそ、日本は世界に先駆けて介護保険制度を導入し、すべての国民が介護の不安、家族に負担をかける不安を感じずに長生きできる社会を目指してきた。現実には家族の心身の負担は小さくないが、利用できる制度や施設を活用することで、それを軽減することは、介護する側のQOLのためにも重要だ。

 女優でタレントのつちやかおり氏は、2010年に母が認知症と診断された。それを機に2019年には「認知症ケア指導管理者」の資格を取得し、認知症や介護と向き合ってきたつちや氏は、2015年に母をグループホームに入居させる決断をした。『週刊ポスト』(2021年1月4日発売号)では、親の介護は在宅か施設か、というテーマで取材に応じたつちや氏が、同誌で伝えきれなかった娘としての思いを改めて語った。

 * * *
 母が認知症と診断されたのは2010年のことですが、その7~8年前から、私はなんとなく母の異変や不自然な点に気づいていて、おかしいなと感じていました。物忘れや、会話がかみ合わないことが時々あったのです。

 当時、父と兄が母と同居していましたが、私が「認知症ではないか」と言っても、二人とも認めようとしないのです。母はもともとおっとりした性格だったので、歳を取ったことで拍車がかかった、くらいに考えていたのだと思います。私は同居しておらず、たまに会うから異変に気づけたのかもしれませんが、それ以上に、女性と男性の違いも大きかったと思います。やっぱり男性は、「お母さん」に対してずっとマリア様のようなイメージを持っていて、認知症であることを認めたくないという気持ちが働いたのではないでしょうか。

 結局、私が病院に連れていって認知症と診断されました。母が78歳の時です。最初のうちは家で生活できていたのですが、2013年に父が亡くなると、認知症が進行していきました。徘徊なども始まっていましたし、このままでは母の命を守ることもできないのではないかと心配になり、兄に「私の都内の家の近くで暮らさないか」と提案したこともありますが、兄は受け入れてくれません。

 しかし、やがて母を一人で面倒見ることが無理だと悟ったのか、兄は自宅の近くでグループホームを見つけてきたんです。2015年に入居させた時には、もう私のことも娘だと認識できる時とできない時があるという状態でした。

 私自身、施設に入ってくれることを望んでいたのですが、いざ入居させてみると、母を見捨ててしまったような罪悪感に苛まれました。兄のほうが案外あっけらかんとしていましたね。ホームの人から「生活が落ち着くまで会いに来ないでください」と言われていた期間が一番苦しみました。1か月くらいでしたが、夜も眠れなくなり、ノイローゼ気味になりました。面会禁止が解けてようやく会いに行った時、母に「ここがお家だよ」と言っても「ふーん」という感じで、母はもうどこが自分の家なのかもよくわかっていないようでした。

関連記事

トピックス

子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン