ライフ

【書評】「ズドーン」「ぶわーん」と評する気取らない美術論

『偏愛ムラタ美術館【展開篇】』著・村田喜代子

『偏愛ムラタ美術館【展開篇】』著・村田喜代子

【書評】『偏愛ムラタ美術館【展開篇】』/村田喜代子・著/徳間書店/2800円+税
【評者】川本三郎(評論家)

 デイヴィッド・ホックニーの描いた三本の大きな木を見て、この木は「ズドーン!」と土中から緑の大砲のように飛び出していることに著者は子供のように驚く。野見山暁治の「ぶわーん」と宙に浮いた奇っ怪な生きものを見て著者は「うわっ、何ですか! これ」と腰を抜かす。

 ポーは詩とは驚きだと言ったが村田喜代子にとっては絵画もまた驚きである。作家による美術論というと気取ったものを想像してしまうが、本書は何よりも「ズドーン!」「ぶわーん」という驚きから始まるので読者も論じられる絵に素直に入ってゆける。

 クリムトのあまり論じられない『大きなポプラII』の化け物のようなポプラにもびっくりする。ワイエスの『クリスティーナの世界』の細密に描かれた「指に摘まめるほどリアル」な草々にも驚き、ワイエスは「並外れて視力が強かったのではなかろうか」と思う。通常の美術評論とひと味もふた味も違う。著者の小説世界と同じように次々に意表を突く。

 セレクションも変わっている。西洋名画だけではない。日本画あり、ビザンティン美術あり、北部九州に点在する彩色装飾古墳まで語られる。古墳に描かれた絵が実にモダンなのに感嘆する。引率した女子学生は「もう死んでも平気。怖くなーい!」と声を上げる。

 次々に紹介されてゆく美術に読者も新鮮な驚きを覚える。奥山民枝、堀晃、甲斐大策、後藤愛彦といった必ずしも広く知られていない画家の作品には、著者ならではの「発見」がある。

 さらに日本画が好きだという著者が紹介する江戸期の画家、長沢芦雪の『捕鯨図』の奇抜さ。題名を見ないと分からない。下半分が黒く塗りつぶされて、上の方に船らしきものが見える。黒い部分は鯨なのだという。まさに抽象と軽みこそが日本画の真骨頂。古地図が好きというのも奇想好きの著者らしい。およそ実用的でなく想像の産物なのだから。さらに後半に紹介される戦争画の数々には粛然とさせられる。

※週刊ポスト2021年1月29日号

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン