スポーツ

巨人・桑田コーチの最初の仕事は「主力選手を強制禁煙」か

早くも桑田コーチの目が光る(時事)

早くも桑田コーチの目が光る(時事)

「巨人は出戻りを許さない」という“掟”を覆して電撃的にコーチ就任した桑田真澄氏。菅野智之のメジャー挑戦が空振りに終わり、“菅野番”として呼び戻されたのではないかと噂された。事実、「桑田コーチ」が決まったのは、菅野のメジャー行きがいよいよ無理そうになってきた今年の年明けだったようだ。現役時代に桑田氏と親しかった巨人OBが証言する。

「桑田さんにとっても急な話だったみたいですよ。1月1日に原(辰徳)監督から電話をもらい、5日に会ったそうです。それで12日に発表ですからね。桑田さんも何が起きたのか正確にはわからないようですが、本心から喜んでいますね。もう巨人のユニフォームは着られないと思っていたようですから」

 桑田氏は現役時代、メジャー挑戦のために自ら退団して球団と疎遠になったとされる。球界きっての理論派で、菅野が目指すメジャー事情にも詳しいことから、今シーズン終了後に再びメジャーを目指したい菅野の相談役というのは筋が通る見立てだ。

 一方で、原監督による一本釣りで復帰したことで、補佐として支えることになる宮本和知・投手チーフコーチと衝突するのではないかとという心配もある。宮本氏は桑田氏より4歳年長だが、社会人を経て入団し、中継ぎから左のエースに這い上がった苦労人。甲子園のスーパースターだった桑田氏とはキャリアもキャラクターも違う。巨人の投手コーチとして現役時代の桑田氏を指導したこともある中村稔氏も、そこを心配している。

「桑田は頑固なところがある。人間の勉強もしないと、宮本と衝突するんじゃないかな。現役時代の桑田は、球団の禁煙問題でも自分を意見を押し通したからね。移動の新幹線でも、自分だけ禁煙車に移ってしまったこともあるし、バスやロッカールームでも球団に分煙を要求した。当時は喫煙する選手が大半を占めていたから、面白くないと思っていた先輩たちもたくさんいたが、桑田は折れなかった。もちろん、禁煙に関しては桑田の言ってることが正論だったしね」

「桑田の禁煙」は、巨人の球団史では知る人ぞ知る有名な“内紛”だった。タバコ嫌いの桑田氏は、1986年の入団直後から球団に禁煙や分煙を直訴していたものの、宮本氏の言うように、当時は喫煙選手のほうが多数派で、世間では「受動喫煙」などという言葉もなかった。桑田氏がむしろ異端扱いされたのは、そういう時代だったからだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
妻・真野恵里菜がカタール現地で熱烈応援も 柴崎岳は出場なしで終わってしまうのか
NEWSポストセブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人は素材の宝庫 伸び悩む岸田行倫、松原聖弥に他球団から「トレードで欲しい」の声
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
昨年は男女若手アナウンサーのカレンダーを発売していた
毎年恒例「女子アナカレンダー」 TBSだけ「2023年版は制作しない」ことになった理由
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
《妻殺害容疑の長野県議》20年来の友人が語った実際の“夫婦関係”と「冗談好きの笑亀マン」の素顔
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト