芸能

キンコン西野亮廣、『プペル』大ヒットの中で見せた夜の笑顔

西野亮

西野亮廣の仕事終わりをキャッチ

 冷たい夜風も心地よいとばかりにニヤリと笑う男性。1月上旬、都内で仕事終わりのキングコング・西野亮廣(40才)だ。昨年末に満を持して公開した、自身の絵本が原作のアニメ映画『えんとつ町のプペル』が、100万人を動員。狙い通りのヒットに思わず笑みがこぼれたのかもしれない。

「本人はこのヒットにも満足していないようですよ。彼は『ディズニーを超える』と豪語していたぐらいですから。今後は海外での上映も決まっていますし、まだ数字は伸びる可能性はありますね」(映画配給会社関係者)

 その西野が、オリエンタルラジオ・中田敦彦(38才)とともに、講談師の神田伯山(37才)から、突然の“口撃”を受けた。中田とあるテレビ番組で共演した神田が、「中田さんってキングコングの西野さんと同じ枠。全部の方向性が金なんじゃないかなって」と指摘したことが始まりだという。このときのことを1月15日、自身のラジオ番組で振り返った神田は、「吉本のトップの人たちを超えようというときに、どっちがお金持ってるかってことで勝負しているんじゃないですか? 僕は芸で勝負したいんですよ。最終的に『あの芸にはかなわない』ってところで芸人は頭下げると思うんで……」と、中田の芸人としての姿勢に“ダメ出し”をしたと明かしたのだ。

 西野も中田も、現在はお笑い以外の仕事で大成功している。ネタ番組で笑いを取ることより、ビジネス成功者として崇めてくれる“信者”を作ることに注力していると揶揄されることもある。

 日本のお笑い界には、明石家さんま(65才)とダウンタウン・松本人志(57才)という、すべてを手に入れてなお、笑いを追求するレジェンドがいる。お笑い番組のディレクターが語る。

「当然、さんまさんや松本さんみたいになれるのが理想なのでしょうが、みんながそうなれるわけではありません。西野さんも中田さんも大先輩たちと同じ土俵では勝負にならないと考え、ほかの道に転身したのではないでしょうか」

 昨年、東野幸治が「僕ら後輩芸人は1度はマネしようとダウンタウン病になる。結果、超えられないと分かって方向転換して、いち早く病を治した者から成功を収めている」と話した。実際、お笑い第4世代といわれるナインティナイン、くりぃむしちゅー、第5世代といわれる有吉弘行、サンドウィッチマンらは、テレビ業界で別のポジションを見つけて成功してきた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン