• TOP
  • スポーツ
  • 【追悼】1977年のハンク・アーロンと王貞治 秘蔵写真を発掘

スポーツ

2021.02.05 07:00  週刊ポスト

【追悼】1977年のハンク・アーロンと王貞治 秘蔵写真を発掘

ハンク・アーロン氏と王貞治氏の関係とは(写真/山本皓一氏提供)

ハンク・アーロン氏と王貞治氏の関係とは(写真/山本皓一氏提供)

 米大リーグ歴代2位の通算755本塁打の記録を持つハンク・アーロン氏が、1月22日(現地時間)に86歳で死去した。

 若き日の王貞治氏(80、現・ソフトバンク球団会長)と腕相撲のポーズで1枚に収まるアーロン氏──別掲写真は王氏が「通算756号」を放ち、当時世界一だったアーロン氏の記録を更新した1977年9月に撮影されたもの。来日したアーロン氏は、本誌・週刊ポストでの対談の席で満面の笑みを浮かべていた(同年10月7日号掲載)。

 来日中に密着取材したカメラマン・山本皓一氏はこう振り返る。

「行く先々で撮影しているうちに、駆け出しのカメラマンだった私にも親しみを持って接してくれました。滞在中はずっと夫人同伴の行動でしたが、ある日、『2人だけで出かけよう。妻には“取材だ”と伝えてほしい』と言い出したのです」

 その時、アーロン氏は「マッサージパーラーに行きたい」と山本氏に頼んだのだという。

「店に着くと『財布は妻がずっと持っているから、マッサージ代を貸してほしい』と。仕方なくお金を渡して1時間ほど店の前で待ち、宿泊先の帝国ホテルに一緒に戻った。すると、アーロン氏は地下の宝石店に寄って指輪をひとつ購入し、夫人には『これプレゼント! 代金はヤマモトに立て替えてもらったから払ってね』と告げたのです。

 その金額に、マッサージ代も上乗せされていた。私への精算を済ませながら、夫人にバレずにマッサージに行くことに成功したアーロン氏は、こっそり私に向けてウインク。とても茶目っ気がある人だった」

 当時の週刊ポスト対談では、引退直後だったアーロン氏が、王氏に「スランプ脱出にはバットを握らない。全く打撃練習をしないこと」とアドバイス。王氏はその夜、観戦中のアーロン氏の前で8試合ぶりにホームランを放ったエピソードもある。

 MLB史に残る大打者は、魅力的な人柄で周囲を自然と盛り上げていく人物でもあったのだ。

※週刊ポスト2021年2月12日号

関連記事

トピックス