• TOP
  • 芸能
  • 河野景子 再婚相手は「コアな部分で通じ合える最高の茶飲み友達」

芸能

2021.02.05 19:00  女性セブン

河野景子 再婚相手は「コアな部分で通じ合える最高の茶飲み友達」

河野景子

再婚相手について語った河野景子さん(撮影/渡辺利博)

「いくつになっても恋心は女性を輝かせてくれるもの。コロナ禍で『愛の不時着』に世の女性がハマったのも、久しぶりに“キュンキュン”を感じて、ときめいたからではないでしょうか。その恋心を隣に寄り添う人へ向けられて、相手からも想いを寄せられたらとっても幸せ。そんな恋愛の感覚や喜びは何才だって、鈍らないと思います。

 でも、お互い同じ感情、情緒や価値観も共有できる相手となるとなかなか見つかりません。私には偶然、その出会いがあったんです。いまは、『こんなにも自然体の自分でいられるんだ』と感じています。母として、おかみさんとして奮闘してきた結婚生活では自分の感情を押し殺し、作り笑いをすることも多々ありました。でももう人生も折り返し。素直に笑ってもいいのかなって、肩肘張らずに生きられるようになったんです」

 そう近況を語る河野景子さん(56才)の表情は、晴れやかでお肌もピチピチ。生気に満ち溢れている。著書『コトバノケイコ』(学研プラス)も話題だ。2018年、貴乃花(元親方・48才)との23年間の結婚生活にピリオドを打って、はや2年。昨年末には映画監督&実業家のジャッキー・ウー氏(年齢非公表)との再婚報道が飛び出し、世間を驚かせた。

 記事では景子さんの「一緒のお墓に入ろう」という逆プロポーズがジャッキー氏の心に染みた、とも報じられた。

「私の記憶では、会話の中で自然とお墓の話になったと思うんですけど(苦笑)。結婚してこの後の人生を一緒に歩んで行きましょうという話の中で、ちょうどお墓の話になったんです。私も56才になりましたし、そろそろお墓を気にする年齢なんですよね。

 その頃ちょうど同じ年のお友達が樹木葬に決めたと話していて興味を持ったんです。子供たちが代々お墓を守る必要もなく、ちょうどいいなぁって。お互い結婚を視野に入れているけれど『この先のお墓は……?』と自然な形で話題になったんですよ。あら私、こんなに赤裸々に話しちゃっていいのかしら!?」(景子さん・以下同)

 ふと我に返り、饒舌な自分に驚いた様子で笑い出す。逆プロポーズと聞くと、“肉食”でグイグイ攻める情熱的な印象も受けるが……。

関連記事

トピックス