• TOP
  • スポーツ
  • ヤクルト「ゴルフ禁止」なのにキャディバッグ大量発送の謎

スポーツ

2021.02.07 07:00  NEWSポストセブン

ヤクルト「ゴルフ禁止」なのにキャディバッグ大量発送の謎

戦力充実でチーム再建が期待されるヤクルトだが

戦力充実でチーム再建が期待されるヤクルトだが

 新型コロナ感染拡大を受けて無観客で行われているプロ野球キャンプでは、ほとんどの球団が選手らに「不要不急の外出禁止」「外食禁止」などのルールを設けており、それはオフの日も例外ではない。例年なら、オフに多くの選手がバットをクラブに持ち替えてゴルフ場でラウンドを楽しむのが定番だったが、今年はそれもできない。

 ところが、沖縄・浦添市でキャンプを張るヤクルトでは、なぜか「使うはずのないゴルフクラブ」が大量に持ち込まれていた。

 1月27日の昼下がり。ヤクルトの本拠地・神宮球場のクラブハウス前では、球団職員が浦添に送る大量の荷物の搬出作業に追われていた。多くは野球道具が詰め込まれたスポーツバッグやバットケースだが、荷物の山にはキャディバッグもズラリと並んでいた。神宮外苑の散歩が日課のヤクルトファンは、「他の荷物と一緒にキャディバッグもトラックに積み込まれ、運ばれていきました」と語る。確かにこのファンが撮影した写真でも5~6セットほど確認できる。

沖縄行きの荷物にはいくつものキャディバッグが見られた

沖縄行きの荷物にはいくつものキャディバッグが見られた

 球団広報に訊くと、「外食と同様、ゴルフや釣りも禁止にしています」とのこと。では大量のキャディバッグはなんのために送ったのか。もしや、ルール破りを目論んでいる不届き者が?

「キャンプ地に荷物を送った1月27日時点では、2月7日までに緊急事態宣言が解除される見込みがあったので、解除後ならゴルフOKということで発送を認めていました。ただし、宣言が1か月延長されたので禁止ルールは続いています。おそらく、そのまま東京に持ち帰ることになるでしょう」(同前)

 さすがにルール破りを目的にしたわけではなかったようだが、選手たちにすれば、キャンプ・インから1週間ガマンすれば、いつも通りにゴルフができるという淡い期待が完全に裏切られたことになる。宣言が3月7日まで続けば、すでに浦添キャンプは打ち上げられてオープン戦真っ盛り。ゴルフクラブの出番はもうない。

関連記事

トピックス