芸能

コロナ禍で生まれた絵本 室井滋がマスクの描写をやめた理由

aa

室井滋さん(左)と絵本作家の長谷川義史さん

 会いたい人に会えない──そんな世の中となってしまったいま、大切な人を想う気持ちを伝える一冊の絵本が話題を呼んでいる。本誌・女性セブン連載「ゆうべのヒミツ」でもお馴染みの女優・室井滋さんが文を、絵本作家・長谷川義史さんが絵を描いた『会いたくて会いたくて』は発売するや重版が決定。大人も涙する人が続出の本作はどんなふうに誕生したのか。2人が明かした。

自粛生活中に人とつながることの素晴らしさを改めて感じた

『会いたくて会いたくて』は、小学生の男の子・ケイちゃんと、離れて暮らす大好きなおばあちゃんの心の交流を描いた物語。

 室井さんが絵本の原作を書き始めたのは、昨春のこと。新型コロナウイルス感染拡大防止のために4月7日に緊急事態宣言が出され、ステイホームによって外出もままならなくなった“変わってしまった日常”に直面して、構想が生まれたという。

「ある日を境に巣ごもりの自粛生活が始まって、ライブや撮影など人が集まるお仕事は次々とキャンセルになって、親しい人と気軽に会って食事をすることもできなくなってしまった。誰かとつながることがこんなにも大変な時代になってしまったのかと、呆然としてしまったんです。その一方で、長い間ご無沙汰だった古い友人から事務所へ宛てて手紙が届くこともあって、思いがけない便りがとてもうれしかった。

 自粛生活によって、人とつながることの素晴らしさを改めて感じることになったんです。こうして離れて会えない時代でも絵本を通じて伝えられる絆はきっとある、大切な人を想う気持ちを絵本にしようと決めました。いままでの私なら、このテーマは浮かばなかったと思います」(室井さん・以下同)

 室井さんは執筆を始めて一気に書き上げたが、当初は世相をより反映したものになっていたという。

「ケイちゃんがマスクをしていて、おかあさんから“マスクを外しちゃダメよ”と言われるシーンなども入れていましたが、いつまでこのマスク生活が続くのか、当時はまるで見当がつかなかった。個人的にはマスクバージョンも気に入っていましたが、絵本が出るときにはもしかしたらもう世の中からコロナが消えて、マスク生活のことも、もう誰も覚えていないかもしれない。そう考えてやめました。

 コロナが消えても、人に会えない、会うのを躊躇するような事態はまた来るかもしれないですよね。長くいつまでも読んでいただけるよう、どうしてケイちゃんがなかなかおばあちゃんと会えないかという理由も明確にはしませんでした」

 何度か練り直して、コロナを連想させる文章は省いていったと室井さんは振り返る。だが1年近く経ったいまも、コロナは終息の兆しが見えるどころか、拡大を続けている。

「人々は変わらずマスクをしているし、感染者は増える一方でさらに深刻な状況になっています。絵本が出る頃には世の中が元気を取り戻して、“会いたい人に会えないなんて何を言っているのさ”と明るい方向へ変わっていると願ったのに、全然そうなっていないのは本当に残念です。ケイちゃんの想いもおばあちゃんの想いも、絵本を書いた昨年の春よりも、いまの方がもっと切実。この本を届けたい気持ちがどんどん強くなりました」

関連キーワード

関連記事

トピックス

計4つの高級ジュエリー店をはしごしたテレ東・角谷暁子アナ
「彼女は社長好き」テレ東・角谷暁子アナ セレブ医師と銀座高級ジュエリーはしごデート現場
週刊ポスト
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
小室さん夫妻は意識していたのか NY州弁護士の先輩「雅子さまの義弟」の存在
女性セブン
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
雅子さま、59歳のお誕生日 グローバルな独身時代、激動のご結婚後を写真でたどる
女性セブン
やまずまい子氏のプロフィール写真(自由民主党のHPより)
ベンツ・フィアットを乗り回す自民党・京都女性市議 政務活動費流用に続き“選挙買収”疑惑も
NEWSポストセブン
慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
大地真央が主演を務める『最高のオバハン中島ハルコ』
大地真央、ぶっちゃけキャラが“刺さる”と話題 人の顔色を伺う時代の「嫌われない毒舌」を語る
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン