芸能

伝説ドラマ「トミーとマツ」で松崎しげるに「放送禁止用語」

今も語り継がれる名コンビ(共同)

今も語り継がれる名コンビ(共同)

 2人の刑事が活躍する「バディもの」ドラマといえば、現代なら『相棒』を思い浮かべるファンが多いだろう。2000年にテレビドラマが始まって、すでにシーズン19まで制作され、劇場版映画も人気を博した。そんな「バディもの」の草分けとして往年のファンには懐かしい名作が『噂の刑事トミーとマツ』ではないだろうか。

 1979年に第1シリーズが始まり、人気に後押しされて1年半、66話まで続いた。さらに1981年には第2シリーズが1年間放映され、トータル106話に及んだ大作だ。トミー役には当時、若手俳優としてアイドル的な人気を誇った国広富之、そしてマツ役に抜擢されたのが、1977年の『愛のメモリー』で歌手としてスターダムに上った松崎しげるだった。

 それまでの刑事ドラマといえば、『太陽にほえろ!』に代表されるシリアスな群像劇が主流で、見せ場といえば刑事の殉職シーンや犯人を改心させる心理描写などだった。それに対してトミーとマツは、2人のコミカルな掛け合いを中心とした明るい作風が特徴で、新しい刑事ドラマの定番を築いた作品だった。『週刊ポスト』(2月8日発売号)では、ドラマ史に残る名コンビに焦点を当てて、「最強のバディ」を探る特集を掲載しているが、同特集でも取材に応じた松崎の「マツの思い出」を詳しく聞いた。

 * * *
 あれは歌手としてノリにノッてた頃で、オファーを受けた時は『噂の刑事』というタイトルだった。だけど、国広君は普段からトミーと呼ばれていて、自分もマツと呼ばれていたから、それをタイトルに入れたら面白いんじゃない、と提案したらそうなったんですよ。僕は歌い手でドラマ経験は少なかったから、逆に自由にそういうことを言えたんでしょうね。

 それまでの刑事ドラマといえばシリアスなものが多かったけど、トミーとマツはアメリカン・テイストのコメディタッチな作品だった。日本では初めての試みだったと思います。まあ、僕にはシリアスなものはできないと思われていたということでしょう(笑)。

 国広君とはそれまで面識がなかったんだけど、第一印象は「紅顔の美少年」だなあ、と。ところがはっきり物を言うタイプでね、いきなり「松崎さん芝居できるんですか?」と言ってくる。失礼な野郎だなあ、と思いましたよ(笑)。だから、実は1話、2話くらいまでは互いに腹にイチモツあって、演技がぎこちない。がっちり噛み合ってコンビになれたのは、その後ですね。

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト