芸能

主演作で“迫力”見せた岩田剛典、「ハマリ役」のイメージを脱却

aa

役者としての存在感が増す岩田剛典

 岩田剛典(31才)が主演を務める映画『名も無き世界のエンドロール』が、1月29日より公開中だ。TwitterなどのSNSでは「壮大すぎるプロポーズ大作戦が衝撃的」「感想を語るのに140字では足りない」といった書き込みが多く見られ、鑑賞した多くの人が高い満足度を得ている模様だ。映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんも、「スリリングな展開や俳優たちの好演に、鑑賞後はしばらく映画の余韻から抜け出せなかったほど」と語る。

 * * *
 初日からの3日間で約5万6800人を動員し、約7600万円を売り上げ、映画ランキングは初登場6位とまずますのスタートを切った映画『名も無き世界のエンドロール』。本作は小説家・行成薫(41才)による同名デビュー作を、『ストロベリーナイト』(2013年)や『累-かさね-』(2018年)などの佐藤祐市監督(58才)が映画化したもの。主演に岩田剛典、共演に新田真剣佑(24才)を迎えたほか、山田杏奈(20才)と中村アン(33才)がダブルヒロインに、さらには柄本明(72才)らが主要な役どころに配されている。

 SNSでは、「何を言ってもネタバレになりそう」といった言葉が散見されるだけあり、たしかに“仕掛け”だらけの作品だ。何気ない一言が、これから鑑賞する人の本作に対する“衝撃”を軽減させてしまうかもしれないので注意が要る。物語のあらすじはこうだ。複雑な家庭環境で育ったキダ(岩田)とマコト(新田)とヨッチ(山田)の3人は強い絆で結ばれていたが、ある日突然、ヨッチが姿を消してしまう。残された2人の元に、政治家令嬢であり芸能界で活躍するリサ(中村)が現れ、マコトは彼女に対して異常なまでの興味を示す。やがて、住む世界の違うリサに相応しい男になるため、死に物狂いで金を稼ぐマコトの執念とその理由を知ったキダは、親友のために命懸けで協力することになる。

 本作の魅力の一つに、“愛する人のため”に奮闘するマコトとキダの熱い友情がある。マコトは“会社経営者”として、キダは裏社会の“交渉屋”として、表と裏の社会でそれぞれにのし上がっていく。2人のコンビはまさに表裏一体で、10年という歳月をかけて、日本中を巻き込むようなプロポーズ大作戦を遂行しようとするのである。物語は非常に大胆で驚きの連続なのだが、その一方で日向にいるはずのマコトが時おり見せる表情の陰りや、目的のためならば手段を選ばない裏社会でのキダの暗躍ぶりは、繊細で常に観客を不安にさせ、彼らから片時も目が離せないという気持ちにさせる。

 予告編の「ラスト20分の真実に、あなたは心奪われる」という“どんでん返し”を予期させる謳い文句ばかりに注目してしまいがちだが、本作はラブストーリーであり、サスペンスであり、ヒューマンドラマでもある。終始異なるジャンルを横断しながら、物語が展開していくのだ。これを主演として牽引し、体現しているのが岩田である。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン