芸能

渡部建、豊洲市場で再出発 ウニを並べる姿も「サマになってた」

渡部を本誌記者が直撃すると…

豊洲市場で働き始めた渡部。記者が直撃すると…

 平日の朝8時過ぎ、都内の高級住宅街の一角に、一台の高級車が停車する。運転席から降りてきたのは、芸能活動休止中のアンジャッシュ・渡部建(48才)だ。後部座席のドアを開けると、2才の愛息が元気よく駆け出していく。渡部は慌てて追いかけて息子の手を取る。パパの表情で優しく注意を促すと、芸能人御用達の保育園に送り届けた。

 渡部は昨年6月に複数女性との不倫が報じられ、12月に謝罪会見を開いたが、批判が集まり“針のむしろ”状態に。復帰のめどは立っていないままだ。その渡部が新天地として選んでいたのは東京・豊洲市場だった。豊洲市場は、2018年10月に築地市場から移転した世界最大規模の卸売市場だ。「24時間眠らない街」ともいわれ、喧噪がやむのは午後のほんの一時だけともいわれる忙しない場所でもある。

「毎日ではないけどよく見かけるよ。マスクに帽子だからそんなに注目されているわけではないね。生半可な覚悟でできる仕事ではないけど、いまのところ続いているってのは、なかなかなんじゃないの。ウニを並べる姿なんかはサマになってたな」(豊洲市場関係者)

 渡部が働いているのは『Y』という大手の魚の仲卸店。市場の中でも飛びぬけて広い店舗スペースを持ち、魚介類の品揃えも随一だ。

「年初から働いているよ。夜中の0時くらいから短時間のときもあれば、昼頃までいることもある。いつも『Y』の専務が付きっきりで仕事を教えているんだよ」(豊洲市場の卸売関係者)

 深夜に自宅を出て豊洲へ。明け方5~6時まで仕事をしてから子供を保育園に送り届ける日もある。

「家でダラダラしているくらいなら外で働いて!と妻である佐々木希さん(33才)から言われたのがきっかけということだけど、豊洲を選ぶのはさすが渡部さんなんじゃないかな。豊洲は学歴も国籍もさまざまな人が働いているけど、実は料理評論家やシェフ見習いなど『豊洲で働いてみたい』という人も多い。超一流店に素材を卸す業者と交流ができたり、素材の見分け方など知見を得ることもできるからね」(前出・豊洲市場関係者)

 しかし市場の仕事は、心身共にハードだという。

関連キーワード

関連記事

トピックス