国内

育児と議員活動の両立に苦闘した橋本聖子氏 義母が漏らした本音

(時事通信フォト)

新会長となった橋本聖子氏の波乱万丈な結婚生活とは(時事通信フォト)

 東京オリンピック開催の可否に注目が集まる中で飛び出した森喜朗氏(83才)の女性蔑視発言。森氏が東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を辞任した後、《女性》《五輪関係者》を条件に挙げる声に押される形で新会長の座に就いた橋本聖子氏(56才)は、いったいどんな人物なのか。

 橋本氏が“新しい家族”を築いたのは、1998年12月、34才のときだった。

「結婚相手は警視庁に勤める警察官で、当時の農林水産相のSPを務めていた。ご主人は死別した前妻との間に子供がいて、聖子さんは当時中学生の長女を頭にいきなり3人の子供の母になったのです」(橋本氏の知人)

 その後、橋本氏は3人の実子にも恵まれた。2000年のシドニー五輪の年に生まれた女の子には聖火にちなんで「せいか」、アテネ五輪のあった2004年に生まれた男の子には「亘利翔(ぎりしゃ)」、トリノ五輪の2006年に生まれた男の子には「朱李埜(とりの)」という名前をつけた。

《変な名前だとネットなどで取り沙汰されたこともあるのですが、子どもたちは変な名前とは思っておらず、結構、気に入ってくれています》

 こう橋本氏は過去の自著で綴っているのだから、他人が口を挟むことは何もない。それにしても、子供たちが生まれた年が全部五輪イヤーにあたるとは、橋本氏にはどこまでも五輪がついてまわる。3人の実子はいま、五輪出場を目指してスポーツに打ち込んでいるという。

「せいかちゃんが生まれたばかりの頃は、議員会館で育児をする日々。といっても、もっぱら秘書たちが面倒を見ていました。お母さんよりも秘書に懐いていた時期があったほど(笑い)。ギリシャくんが生まれてからはベビーシッターも積極的に雇っていたし、議員と育児の両立はかなり大変そうに見えましたね」(永田町関係者)

 夫の地元、千葉県大網白里市に行く暇もほとんどなかった。

「お義母さんの世話の必要があったから、ご主人は千葉と東京の往復生活。連れ子たちも橋本さんと一緒に住まずに、こっちにいたと思います。お義母さんが、『私の孫たちに、あんまり愛情を持って接していないんじゃないか』と話していたのを覚えています。オリンピックの会長に就任したから、市民が歓迎しているって記事をこの前読んだけど、ほとんど帰ってきたことのない人を地元の人とは呼べないね」(地元住民)

 連れ子が橋本氏の私設秘書をやっていた時期もあるため、愛情に差があるというのは、夫の地元のやっかみもあるのだろう。

※女性セブン2021年3月11日号

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン