スポーツ

福原愛、横浜不倫デート2日目の全貌 仲良くパンケーキを堪能

広場でのほっこり見つめ合いも

広場でのほっこり見つめ合いも

 雲ひとつない晴天に恵まれた2月のある日。横浜のベイエリアにある高級ホテルに、25センチほども身長差のあるカップルの姿があった。男性がチェックアウトし、女性は1人でエスカレーターを降りていく。この2人は、不倫疑惑が発覚した卓球女子元日本代表・福原愛(32才)と、前日から横浜デートを楽しんでいた男性・Aさんだ。

 福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ、32才)と結婚し、2人の子供がいる。一時帰国している彼女は、その間にAさんとデートしていたのだ。福原はAさんと6~7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近したという。

 福原が今年1月に設立し代表取締役を務める「株式会社omusubi」は、不倫疑惑を報じた女性セブンが発売された3月4日に公式サイトを通じてこうコメントを発表した。

〈この度、弊社代表取締役社長 福原愛に関する週刊誌報道に関しまして、福原を応援してくださっている皆様、関係者の皆様にご心配やご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます〉

 このコメントでは不倫疑惑について直接の説明を避けているが、福原は記者の直撃に対し、Aさんとの関係を「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれる仲のよい友達の1人です」と説明し、横浜のホテルに泊まっていたことについては「それは事実ですが、ホテルの部屋は2部屋取っていました」と釈明していた。

 デート1日目は、福原が横浜中華街で彼にソフトクリームを「あーん」してあげるなど食べ歩きデートを楽しんでいた2人。2日目のこの日、ホテルを車で出て向かったのは、ベイエリアの観光スポットとして知られる「横浜赤レンガ倉庫」だった。

 横浜港の開港を受け、1910年代に保税倉庫として建設された赤レンガ倉庫は歴史的な建造物として知られ、経済産業省に近代化産業遺産として認定されている。2002年からは文化・商業施設に生まれ変わり、内部にはアクセサリーショップやアパレル、おしゃれなカフェやレストランが並んでいる。

 赤レンガ倉庫に入った2人が向かったのは、オーストラリア発で“世界一の朝食”と称されるパンケーキで有名な店だった。連日行列ができるほどの人気店で、2人が到着したときにも数組が前に並んでいた。列の最後尾に並んだ福原とAさんは、顔を寄せ合って小さな声で楽しそうに話している。

 20分ほど並んで入店した2人は、向い合わせでテーブル席についた。食事が来るまではマスクを外すことなく、おしゃべりが止まらない様子だった。

 名店でブランチを堪能した福原たちが外に出ると、風は冷たいものの抜けるような青空が広がっていた。ゆっくりと海沿いを歩く姿は、傍目からは普通のカップルにしか見えない。途中で休憩し、また歩き出す2人。今度は赤レンガ倉庫で雑貨店などが入るエリアに向かっていた。

 リアルで色鮮やかな食品サンプルが並ぶ店では、2人で熱心に商品を覗き込んで何かをささやきあっていた。そして、すぐ近くにある世界のお菓子を量り売りするキャンディショップへ。福原の目が輝く。

「あれ、あるかな? 丸くてグミみたいなの……。あ!これだ!」

関連キーワード

関連記事

トピックス

田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
この国の食卓は「偽物」だらけで埋め尽くされてしまうかもしれない(写真/PIXTA)
牛肉、うなぎ、あさり、鶏肉など…繰り返される「産地偽装」「産地ロンダリング」のカラクリ
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン