福原愛一覧

【福原愛】に関するニュースを集めたページです。

ブログを更新し続けている小林麻耶
小林麻耶、福原愛、木下優樹菜…有名人の「家族内ゴタゴタ」を検証する
 有名人につきものなのが“家族内のゴタゴタ”。なかでも小林麻耶による“海老蔵批判”は多くの人から注目を集めている。そこで、放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、有名人一家のゴタゴタについて分析する。 * * *“ときぐすり”が効いてきて、やっと本音を吐露 突然始まった小林麻耶サン(42才)による市川海老蔵サン(44才)への攻撃に戸惑っているかたは多いのではないでしょうか。 ご家族内のことなので、本当のところは部外者にわかるハズもありませんし、ああやってYouTubeで暴露するしか方法がなかったと麻耶サンが言うのであれば、それは悲しい。 でも「気持ちはよくわかる」というのが現在のところの私の本音です。 私は麻耶サンがテレビに出るきっかけとなった『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)の構成作家の1人でしたから、同番組のオーディションを受けに来てくれた大学2年生のときから彼女を見続けてきました。 麻耶サンの“ぶりっ子”ぶりが同期メンバーから理解されなかったり、その言動に怒った泉谷しげるサン(73才)から椅子を投げられそうになったりした迷場面も間近で見ていました。明石家さんまサン(66才)から贔屓されているのではないかとのウワサに悩んだりツラかったりしたことも知っていましたが、彼女は本当にがんばり屋さん。最後まで出演してくれたのです。 翌年、妹の小林麻央さん(享年34)が『~から騒ぎ』に出演するようになってからは、自分が麻耶サンからいかに溺愛されていたり、「クリスマスは彼氏より姉や家族と過ごすのが好き」と目を輝かせたりする麻央さんに、さんまサンが「ほんまかぁ?」と大袈裟に驚いていたことも(笑い)。麻耶サンと麻央さんを中心に小林家は本当に仲のよい家族だったのです。 それがいまはどうでしょう。麻耶サンの言葉を100%信じるならば、お母さまは海老蔵サンに洗脳され、お父さまから麻耶サンは絶縁された……と。 大きな悲しみに打ちのめされたとき、人は、千々に乱れる自分の感情のすべてに向き合うことも、悲しみを憎しみに転換することも、すぐにはできないものです。“反撃”を思いついたところで、それをすぐに行動に移せるエネルギーを持ち得る人というのも、そうはいないのでは? たとえば夫を略奪されて、すぐに相手女性を訴えることに気持ちをシフトさせられる人は、本当にすごいと思う。金銭や財産をだまし取られ、すぐに裁判を起こせる人も同様です。 アノ松居一代サン(64才)だって、本当はもう船越英一郎サン(61才)との離婚話に決着がつきそうになっていたのに、その頃から、話を昔に巻き戻して“劇場”をオープンさせましたからね。 そして愛するご家族が突然、自分の前からいなくなってしまったときの“心の復興”ほど時間や年数がかかることはないとも思っています。 とはいえ、一卵性姉妹として、何をするにも一緒だった麻耶サンに、4年という“ときぐすり”が少し効いてきたのでしょう。やっと本音を吐露できるようになったのだなとも思っているところです。 その一方で、こうした家族内のゴタゴタは、実は“よくある話”なのではないかと。私は現在進行形で、ある家族への悔しい想いを抱えているところなのですが、小林家、堀越家のように“役者”が揃っていないし、一般人が絡んでいるので、逆に表沙汰にすることができません。中途半端な有名人(私です)の方がツライんですよ、本当はね。面倒くささの中にも幸せがあるならば輝きを放てる 愚痴はこのへんで終わりにして、いま、ご家族の存在や動向が面倒くさそうな有名人の皆さんのケースについて考えてみましょう。 まずは福原愛さん(33才)です。2人のお子さんを台湾に残して離婚。『女性セブン』がスクープした大谷翔平さん(27才)似の新恋人と結婚したいことを無防備に話し、女友達をドン引きさせていたくらいまでは、まだホノボノしていました。が、“大谷さん”の元奥さまが愛さんへの恨みつらみを話したことから話はいっきに面倒なことに。もともと愛さんを“金づる”だと思っていた元ダンナさまのお母さまやお姉さまを含め、愛さんが再婚して新たな幸せを掴むためには、解決しなければならない面倒なことが、たくさん。そこに気を取られると、前に進めないからでしょうね。 3月23日、『中居正広の3番勝負!レジェンドとガチ対決SP』(日本テレビ系)に出演していた愛さんからは、ダダ漏れと表現したくなるほどのフェロモンがあふれていらっしゃいました。 久々のスポーツバラエティー番組への出演だったので、アスリートとしての一面を全面に出した方が今後のお仕事に役立つと思ったのですが、アスリートとしてではない色気を出さないと心身のバランスがとれなかったのでしょうか。旧家族、新たに作られる予定の家族含め面倒な問題がまだ山積みと拝見しました。 とはいえ、面倒くささの中にも幸せがあるならば、人は、これまでとは異なる輝きを放てるということ。“超有名な一般人”木下優樹菜さん(34才)にも同じことを感じました。慰謝料や養育費の意味もよくわかっていなさそうな木下さんですが、写真集の中の彼女は本当におきれいだったし、ある意味、変わっていなかった。変える気も、変わる気もないのでしょうね。それに、彼女にオファーがあるということは、家族に“面倒くささ”を抱えているかたにはニーズがあるということです。正直もう、タピオカ騒動に興味はありませんが、元夫のFUJIWARA藤本敏史サン(51才)や恋人の年下Jリーガーさんを含めた面倒な今後には、私も興味津々です。 この文脈でいうと、2度目の離婚に向けてまっしぐらというカンジの“ゆうこりん”こと小倉優子サン(38才)も、面倒くささと闘いながら高みを目指す強さを感じます。 当初は、週刊誌報道の「7割はウソです」と言い張るゆうこりんでしたが、最近では離婚することを隠していらっしゃいません。まぁ、家族の面倒くささを許容できなかったのは、ゆうこりんよりもご主人の方だったのでしょうね。独身生活が長かったことを思えば、無理もないのかもしれませんが、家族の場合、こうしたベクトルの異なる人が交ざると、より話が面倒くさくなります。 小林麻耶サンに話を戻すと、「家族とはこうあるべき」「愛する家族には、こうしてあげるべき」という想いが誰よりも強い麻耶サンだからこそ、別の方を向き続けていた海老蔵サンに対し、「許せない」気持ちになってしまうのかもしれません。 そんな中、元妻とのお子さんと一緒に写真におさまる花田虎上サン(51才)の奥さまとか、あれだけ面倒くさい……というか面倒をかける家族がいながらも、春休みになれば、揃って旅行する東尾理子サン(46才)のように、家族の面倒くささを笑顔で乗り越えたかたもいらっしゃいます。 こうして考えると、概して、家族は面倒くさいもの。どこの家族も似たり寄ったりなのかもしれません。 小林麻耶サンには、彼女らしい笑顔が一日も早く戻ってくれることを心から願っています。がんばって!!構成/山田美保子『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ~テレ)、『アップ!』(同)、『1周回って知らない話』(日本テレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。※女性セブン2022年4月21日号
2022.04.09 16:00
女性セブン
過去には教科書掲載後に不倫騒動が発覚した場合はどんな対応がされた?(時事通信フォト)
福原愛、泥沼化する離婚騒動 “結婚視野”の交際相手は「心を解放してくれる」
 昨年7月に離婚した元卓球女子日本代表の福原愛(33)の一連の騒動に、新たな展開があった。現在は、昨年3月に『女性セブン』が横浜デートを報じた5歳年下の一般男性・Aさんと交際中の福原。『週刊文春』(3月24日号)が、Aさんの前妻・B子さんの証言を伝え、Aさんと福原が不倫関係にあったことや、そのことがきっかけでB子さんと福原の間で刑事告訴も辞さないトラブルになっていると報道、事態は泥沼化している。 福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手である江宏傑(ジャン・ホンジェ)と結婚した。ふたりの子どもをもうけたが、前述の通り昨年3月、一流商社に勤めるエリートサラリーマンだったAさんとの横浜での“お泊りデート”を『女性セブン』が報じた。そして同年7月、福原と江の離婚が成立。現在、福原はAさんとは真剣交際中と見られ、「遠くない将来の再婚も視野に入れている」とも報じられていた。それだけに、冒頭のトラブルは世間を驚かせている。特に、彼女の人気が高い中国では、一連の離婚に関する騒動は注目を集めており、「このAさんとは何者なんだ? そもそも不倫関係だったのか?」や「二人の本当の関係が気になる」などの声が相次いでいる。 福原のTwitterアカウントは、昨年2月28日以来、更新がストップしている。しかし、中国での活動は変わらず順調らしい。「TwitterやInstagramなどは2021年2月から更新が止まったままです。現時点で、福原さんが自ら発信しているのはウェイボー(中国版Twitter)やTikTok(抖音)くらいです。いずれの投稿内容も中国語で書かれているので、基本的には中国人ユーザーに向けての内容になっています。 ほかにも今年2月上旬の春節(旧正月)では、日本にいながら現地メディアのカウントダウン生中継に出演するなど、いまや中国大陸での露出が中心です。日本では青森大学客員准教授のほか、琉球アスティーダスポーツクラブの社外取締役に就任するなどしていますが、目立った活動は見受けられません」(スポーツ誌記者) さらに福原は1月下旬には国際卓球連盟(ITTF)から国際ツアー大会「WTT(ワールドテーブルテニス)」の日本ゼネラルマネジャーに就任。現在はシンガポールで同ツアーの視察を行なっているようで、日本以外で活発に活動している。 しかし、福原にとって海外生活は当初つらいものだった。2020年2月に台湾限定で発売されたフォトエッセイ『不管怎樣的哭法,我都準備好了(どんな泣き方でも、私は準備ができている)』の中で、結婚して台湾に来たばかりの頃について「もしかすると当時の私はうつ病だったのかもしれない」と振り返っている。《身のまわりには夫を除いて、知り合いがいません。江の練習場から近いところに居を構えるために、私たちは近場で部屋を探して、まずそこに住みました。(中略)とにかく退屈だった》 結婚まもない2018年には、中国で配信されたリアリティ番組で「毎日100回キスしたい」という夫の希望のもと、福原と江は朝から晩まで61回ものキスを披露した。ラブラブ夫婦と話題になったが、実際の結婚生活はそういったイメージと少し異なるものだったようだ。福原は自著でこのように綴っている。《実際、私と江の関係は皆さんが思い描くような『甘い』ものじゃないです。(中略)彼は『3才9か月から卓球をはじめた福原愛』として私のことを見ていませんし、お姫様扱いもしません。それによって『本当の私』が見えてくるのです》 ストレートな会話を好む江と接する中で、福原も自分自身のありのままの感情を見つめるようになったという。福原の恋愛観とは、このようなものだ。《本当にあなたのことを愛する人は、あなたの心を解放してくれる。それによって自分のことを見つめ直すことができ、改めて自分自身を理解できるのです》 離婚騒動の中で、江のモラハラや義実家との不仲も取りざたされた。福原にとって、Aさんが新たな「心を解放」してくれる相手だったのかもしれない。
2022.03.18 21:35
NEWSポストセブン
【動画】福原愛あのイケメン商社マンと真剣交際スタート 再婚も視野
【動画】福原愛あのイケメン商社マンと真剣交際スタート 再婚も視野
 台湾の卓球選手・江宏傑さんとの離婚を発表した福原愛さん。 3月に横浜でのデートを報じられたイケメン商社マン・Aさんとの熱愛が発覚しました。 Aさんも11月初旬に離婚が成立。 2人は話し合いを重ね、晴れて真剣交際を開始したそうです。 福原さんの知人によると「紆余曲折を乗り越えた2人は、そう遠くない将来の再婚も視野に入れているそうですよ」とのこと。 現在は、お互いの家を行き来して愛を育んでいるようです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2022.01.01 16:00
NEWSポストセブン
石川佳純 GUCCIとヴァンクリにジャージ「深夜3時」のキュート私服
石川佳純 GUCCIとヴァンクリにジャージ「深夜3時」のキュート私服
「ガッキーかと思いました」「ガッキーだよガッキー!!」「カスミンかわいすぎ」 雑誌「GQ JAPN」11月号でルイ・ヴィトンを着てモデルに挑戦した、東京五輪卓球女子団体銀メダリストの石川佳純(28才)。9月24日の公式インスタグラムにアザーカットを公開すると、冒頭のような絶賛のコメントが1000件近くも寄せられた。美人アスリートの面目躍如だ。 時は少しさかのぼっての9月11日。都内で「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)にゲスト出演した石川。深夜3時、その帰り際の姿は、ある意味で彼女らしさ全開だった。 肩に掛けているのはGUCCIの高級バッグ。耳には、試合中にも着用していることで、熱心なファンの間ではおなじみの、ハイジュエリーブランド「ヴァン クリーフ&アーペル」のピアス。通称「ヴァンクリ」の、彼女がつけている四つ葉のクローバー高級ピアスは、40万円とも言われている。 まさにセレブな持ち物なのだが、画面に映らないラジオ番組出演だったからか。服装はTシャツにアシックスのジャージーパンツとスニーカー。ある女性スタイリストは「夜中のお仕事で普段着のままでOKだったのでしょうが、オシャレの観点でいえば……あべこべではありますね。でも、そんな姿もかわいいですね」と微笑ましく、コメントした。 あるスポーツ紙の五輪担当記者は「これは彼女にとってマイルールと言いますか、毎日見かける『着こなし』ですよ(笑い)。卓球といえば、以前は福原愛さん(32才)、今年の東京五輪では男女混合ダブルスで金を取った伊藤美誠選手(20才)が話題の中心でしたが、長く活躍し続ける石川選手は、その美貌にファンも多いんですよ」と解説する。 この夜のラジオ番組出演でも、オードリーの若林正恭(43才)からは「好きすぎてラジオではしゃべれないレベル。卓上カレンダーを買うか迷ったこともある」と熱烈愛を告白された。ツイッター上では、深夜にもかかわらず「#石川佳純」がトレンド入りするほどに、盛り上がった。まさに人気者だ。 山口県出身の石川は、卓球一筋の半生で、日本代表入りした当初から、垢抜けないエピソードが満載だった。若かりし頃、先輩の福原と都心のデパートで待ち合わせをした際には、「上下で日本代表のジャージ姿で、首からお財布をぶら下げてやってきたんです(笑)」と福原が苦笑いするエピソードも。 年々、知名度と実績を上げていくことで、オシャレにも目覚めていったという。石川をよく知るある女性の卓球関係者は「試合中にも着用できることから、ヴァンクリの1個、30万~40万円もするピアスを幾つも持っていて、ネックレスとかもブランドものを揃えていますよ。服も、ただのTシャツかトレーナーかと思ったら、ラルフローレンとかの有名ブランドだったり、ツウなプライベートブランドだったり、最近、彼女は徐々に変わってきてるんですよ」と明かした。 どこかツッコミどころがあるところも、ファンには「天使」とまで呼ばれる愛嬌ゆえか。愛されキャラのかすみんは、今後も各所で引っ張りだこであり続ける。
2021.10.10 11:00
NEWSポストセブン
大晦日『笑ってはいけない』休止で、不祥事芸能人の復活に黄色信号?
大晦日『笑ってはいけない』休止で、不祥事芸能人の復活に黄色信号?
 年末恒例のバラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!絶対に笑ってはいけないシリーズ』(日本テレビ系。以下、『笑ってはいけない』)が、今年は休止となることが発表された。各局が激しい視聴率争いを繰り広げる大晦日に、『NHK紅白歌合戦』(NHK)に次ぐ数字を稼ぐ同番組。年忘れの大笑いを楽しみにしていたファンにはショックなニュースだが、残念がっているのは一部の芸能人も同じかもしれない。『笑ってはいけない』は、出演者が笑うことは許されず、笑ってしまうとペナルティを受けるというシンプルな番組だ。年によって「高校」「警察」「病院」など任意のテーマが設定され、大晦日に放送されてきたが、昨年15回目の節目を迎えたことを理由に今年は一旦休止とし、代わりのお笑い番組を放送するという。「大晦日は長らく『紅白歌合戦』の一強でしたが、2000年代前半、TBSやフジテレビがPRIDEやK-1などの格闘技番組で20%近くの視聴率を稼ぎ、一強時代に風穴を開けました。日本テレビは苦しい闘いを強いられていましたが、状況を一変させたのが2006年にスタートした『笑ってはいけない』です。当初、2時間程度だった放送時間は6時間にまで伸び、常に20%近くの視聴率を獲得。民放視聴率トップの座をがっちりキープしてきました。 ただ、松本人志は数年前からマンネリ感を訴えており、2016年には『去年で辞めると言ってたんですが……』と発言。昨年にはアンジャッシュ渡部建の出演情報がリークされ、松本が激怒したと一部で報じられました。 さらに、BPO(放送倫理・番組向上機構)の問題もあります。BPOは今年、“痛みを伴うことを笑いの対象とするバラエティ”を審議の対象とすることを決定しました。『笑ってはいけない』では、出演者が笑うと罰としてケツバットされるため“アウト”。日テレは今回の休止について『BPOの件は関係ない』と述べていますが、関係あるのではないかと言われています」(テレビ情報誌記者)せっかくの“復活チャンス”なのに…… コロナ禍で外出もままならぬ中、テレビで大笑いしながら年越ししたかった人は多いはず。また、『笑ってはいけない』をチャンスの場として考えていた芸能人も落ち込んでいるはずだ。「『笑ってはいけない』では、スキャンダルやゴタゴタがあった芸能人をブッキングするのが1つのお約束でした。袴田吉彦、原田龍二、宮崎謙介らは、自らが起こした不倫騒動をネタにしましたし、お蔵入りと言われていますが、昨年はアンジャッシュ渡部も出演するはずだった。ほとぼりが冷めるのを待つのでなく、スキャンダルをネタにして笑いにすることで、“そろそろ許してあげようか”という雰囲気を生む復活テクニックが存在したのです。 2021年であれば、熊田曜子、鬼龍院翔、有村昆あたりがオファー候補。もし瀬戸大也、福原愛あたりがブッキング出来れば、間違いなく大きな話題になったでしょう。出演は諸刃の剣ですが、ダウンタウンを爆笑させれば禊は済んだようなもの。イメージ回復はその後の仕事や収入に直結するわけで、やらない手はありません。その大事なチャンスが失われたのですから、密かに残念がっている芸能人、著名人はいるはずです」(芸能事務所関係者) さらに「笑ってはいけない」休止の影響は、他局にまで及ぶ可能性もある。「本来なら、紅白の裏番組で視聴率トップの『笑ってはいけない』が休止になれば、他局は喜びそうなものですが、現場はむしろ危機感を募らせています。休止によって、その視聴者が他局に流れるのでなく、テレビの前から離れてしまう可能性もある。年末年始で存在感を示せなければ、テレビが“オワコン”になる決定打にもなりかねないからです」(テレビ関係者) 紅白がバカ勝ちするのか、『笑ってはいけない』の代替番組が存在感を示すのか、はたまたテレビ全体が沈み込むのか……2021年の大晦日はテレビ界にとって重要な1日となりそうだ。
2021.09.23 07:00
NEWSポストセブン
インタビューでは涙を浮かべる時も(『看看新聞』サイトより)
福原愛 中国メディアで涙の告白は日本・台湾への決別宣言か
 会社員とのお泊まりデートが『女性セブン』(3月18日号)に報じられ、7月8日に離婚を発表した福原愛(32)が本格復帰の舞台に選んだのは日本ではなく“第二の故郷”だった。「不倫・離婚報道の影響で東京五輪には関わらないとされていたが、卓球の解説者としてテレビに登場。フジテレビは後に独占インタビューの“密約”があると言われましたが、実際は事務所からは不倫・離婚の話は『完全NG』のお達しがあったようです」(フジテレビ関係者) そんな中、8月5日、中国メディアが福原への独占取材の動画を公開した。この1年について尋ねられた福原は、こう答えた。「あの時は本当に辛かった。でも、中国の方々はどんな時も、どんな私も受け入れてくれた。大げさな言い方かもしれないが、私が今日まで生きてこられたのは中国の方々が応援してくれたおかげです」 中国語で語る福原の目には涙が浮かんだ。北京冬季五輪については「中国で五輪があるということでとても見てみたいです」と話した。 中国事情に詳しいライターの西谷格氏が語る。「取材したのは『看看新聞』という上海でテレビ局などを運営する『上海メディアグループ』傘下のウェブ媒体です。 中国メディアやファンたちは過剰なほど愛ちゃんを擁護しており、台湾人との結婚を喜んでいなかった中国ファンからすると離婚は“慶事”です。北京五輪について語った動画のタイトルも〈2022北京冬季五輪でまた会いましょう〉となっており、中国メディアへの出演が予想できます。今回のインタビューは日本と台湾への決別宣言とも受け取れる内容で、今後の活動は好感度も高いままの中国に軸足を移すという意思表示に見えます」 中国では安泰サー!※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号
2021.08.17 07:00
週刊ポスト
【動画】福原愛が3億円の大豪邸購入 子供と離れ一人暮らしスタート
【動画】福原愛が3億円の大豪邸購入 子供と離れ一人暮らしスタート
 江宏傑氏との離婚を発表した福原愛さん。 不倫報道が世間を賑わせる直前に芸能人が多く住むエリアにある超高級マンションを購入していました。 福原さんの知人によると「新居は静かな高台に建つ床面積が300平方メートル近い大豪邸です。価格は3億円をくだらないそうです。もともと愛ちゃんはこの家に2人の子供と母親と住む計画を立てていました」とのこと。 しかし、今年初めに日本に戻ってから半年間子供とは会っておらず母親とも同居はしていないそうです。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.07.20 16:00
NEWSポストセブン
福原愛
福原愛の離婚に中国では祝福の声 若者意識の変化も背景に
 元卓球選手の福原愛のマネージメント事務所は7月8日、台湾人の夫・江宏傑氏との離婚が成立したと発表した。この離婚について、中国では「祝福」の嵐が巻き起こっている。 この「祝福」は、福原の元夫が、中国共産党政権と対立している台湾の出身というだけでなく、福原が中国の若者の間で熱狂的な支持を受けていることも理由になっていると分析される。さらに、中国の若者世代の離婚観が変化しており、高齢者世代とは違い「もはや離婚はタブーではない」との意識が根付いていることもあるようだ。 3歳で卓球を始め、10歳でプロ入りした福原。17歳で中国東北部遼寧省の卓球チームに入団し、ファンからは「小愛」と呼ばれ、東北なまりの中国語を覚えたことも人気に拍車をかけた。また「中国人が最も好きな日本人」と慕われ、日中関係がどんなに険悪になっても、「彼女は日中両国の架け橋となる役割を果たしてきた」と中国メディアに伝えられてきた。 ところが、福原が台湾人の江氏と結婚するや、中国では「小愛を台湾のひも男に奪われた」、「もう絶望だ」などとの声も出たほどだった。 このためか、離婚が決まるや、インターネット上では「離婚することはあなたの自由であり、何も謝ることはありません、新しい人生を祝福します!」、「あなたは将来、至福と幸運を手に入れるでしょう。幸せになって、人生を楽しんでください」という歓迎のコメントが溢れた。 また、離婚の原因が彼女の不倫と報じられたことについても、中国では「たとえ小愛が不倫をしていたとしても、それは彼女の夫が彼女に何か悪いことをしたからに違いない」という声があったほか、「小愛を悲しませる人がいるなんて」というハッシュタグも登場した。 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」はこのような中国の若者の反応について、「近年、世論も徐々に変化し、中国では特に若い人たちの間で、離婚はもはやタブーではなくなってきている。子供のために結婚生活を続け、自分一人で耐えるよりも、みじめな結婚生活から抜け出す方が良いというコンセンサスが得られており、彼らは『離婚の自由』を認める一方で求めてもいるのだ」と分析している。
2021.07.18 07:00
NEWSポストセブン
【動画】福原愛、離婚成立で五輪関連の仕事決定 スポーツ界に恩返し
【動画】福原愛、離婚成立で五輪関連の仕事決定 スポーツ界に恩返し
 江宏傑氏との離婚を発表した福原愛さん。福原さんは、子供とも今年3月下旬に帰国した母親とも暮らさず、ひとりで生活することを決めました。 しかし、失ったものばかりではないようです。実は、このタイミングで東京五輪関連の仕事が正式に決定したという福原さん。 テレビ局関係者は「遠回りになりましたが、卓球界やスポーツ界への恩返しという彼女の目標が、徐々に実現していきそうです」と話しています。【↑ 上の写真クリックで動画へ】
2021.07.16 16:00
NEWSポストセブン
両親の離婚、父との絶縁…福原愛“普通の家庭”を知らずに成長した苦悩
両親の離婚、父との絶縁…福原愛“普通の家庭”を知らずに成長した苦悩
 天才卓球少女として幼い頃から人気を集めた福原愛(32才)が7月9日、台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と離婚を発表した。今年1月に卓球の全日本選手権の解説で来日した際、「今後は日本を拠点にする」と発言したことで夫婦不仲説が流れ、3月には『女性セブン』が5才年下の商社マンとの“里帰り不倫”をスクープ。日本と台湾は大騒ぎになった。2人の子供については共同親権を選択し、福原と江の双方が親権を有するという。 異国での生活に別れを告げ、住み慣れた日本で子供たちと再出発する──そう思い描いた福原だが、時間が経つとともに不安が大きく膨らんでいったという。「愛ちゃんは出産直後から、かわいい子供たちに目を細める一方、『子供を育てていく自信がない』と漏らしていました。周囲は『何言っているの。誰だって最初からお母さんにはなれないよ』と励ましたのですが、彼女は『どんな母親になればいいのかわからない……』と嘆いていたんです。 その後は出産で家庭的なイメージが定着し、CMなどで引っ張りだこになる半面、“私は本当に子供を愛し、育てていけるのだろうか”という不安は消えなかったようです。そして、思い描いていた離婚後のシングルマザー生活を躊躇するようになりました」(福原の知人) 一体何が彼女をそうさせたというのか。福原が3才で卓球を始めたことはよく知られる。「もともとお兄さんが卓球をしているのを見た愛さんが『やりたい』と始めたのですが、そんな彼女に付きっきりで猛練習を施したのが、元卓球選手の母・千代さん(70才)です。 普段は穏やかな千代さんが卓球の練習になると鬼コーチになり、泣きじゃくる娘を容赦なく怒鳴りつけた。何しろ、3才で卓球を始めてから365日、元日も休まず毎日3~4時間の練習に励んだのですから。愛さんにとって千代さんは『お母さん』であるより前に『コーチ』だったんです」(卓球関係者関係者) 母だけでなく、父の武彦さんも娘の鬼コーチになった。「やるなら1番を目指せ」と娘を叱咤し、毎日1000本のラリーを課した武彦さんは、かつて卓球の専門誌で福原についてこう述べた。《福原愛は娘であるけれども、自分の子どもじゃないという感覚がある》 天才卓球少女として世に出て人気者となった福原だが、その裏では卓球に打ち込むあまり、「親に愛された」という思いを抱けなかったのかもしれない。 一家には経済的な問題もあった。「武彦さんが仙台で経営していた不動産会社が1998年、3億5000万円の負債を抱えて倒産し、債権者から1億4000万円の返済を求められたんです。家計が火の車になった夫婦は娘が卓球で稼ぐ収入に依存するようになりました。当時小学生ながら、企業とスポンサー契約をしていた愛さんは、一家の大黒柱にもなったのです」(福原家を知る関係者) 夫婦仲は冷え込み、両親は2004年に協議離婚したが、娘の試合には揃って応援に駆けつけた。この頃には福原の兄も仕事を辞め、妹のサポートに専念するように。家族の期待を一身に背負った彼女は、2004年のアテネ五輪に卓球日本女子の史上最年少となる15才で初出場。以降、4大会連続の五輪出場を果たした。だが2009年に福原を支点として微妙な均衡を保っていた一家がついに離散する。「千代さんと離婚したのちも武彦さんは愛さんを頼りにしていましたが、愛さんは2009年の世界選手権で惨敗したことを機に『これ以上、父に振り回されてはダメだ』と決意し、愛さんの兄が『もう愛にはかかわらないでほしい』と事実上の絶縁状を叩きつけました。愛さんと絶縁状態になった武彦さんは、2013年に膵臓がんでひっそりと亡くなりました。 物心ついた頃から卓球を通じて両親とかかわり、小学生時代から一家の家計まで担うようになった愛さんは、彼女が後に描いた“普通の家庭”を経験しないまま成長した。いまは愛さんが武彦さんとの思い出を語ることはほとんどありません」(前出・福原家を知る関係者) 父との絶縁後、ひたすら卓球に打ち込んだ福原は2012年のロンドン五輪は団体で銀メダル、2016年のリオデジャネイロ五輪は団体で銅メダルを獲得し、リオ大会後に江と結婚した。ようやく「理想の家庭」を手に入れたはずの福原だったが、運命は過酷だった。「端正なルックスで『卓球王子』と呼ばれた江さんは結婚後に一変。育児に励む愛ちゃんに強く当たるようになったそうです。大きなショックを受けた愛ちゃんは離婚を決意し、別の男性と親しくなってしまった。 いかにも愛ちゃんらしいのは、台湾で同居する千代さんに自分の悩みを打ち明けなかったことです。実際に日本で不倫騒動が起きるまで、千代さんは愛ちゃんの悩みや夫婦関係についてまったく知りませんでした。愛ちゃんは、卓球以外のプライベートの悩みを、どうやって母親に相談すればいいかわからなかったのでしょう」(前出・福原の知人) 卓球のラリーのように、自分の悩みをぶつけたら返してくれる家族が彼女には必要だったのかもしれない。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
2021.07.16 07:00
女性セブン
福原愛
福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート
 どんよりとした天気が続く7月上旬、都内に福原愛(32才)の姿があった。ふっくらした健康的な顔が魅力的な“愛ちゃん”だが、この日は少々やつれた様子で、心なしか線が細く見える。この日、彼女が帰ったのは、不倫疑惑が取りざたされた一戸建てではなく、芸能人が多く住むエリアにある超高級マンションだった。「実は愛ちゃんは不倫報道が世間を賑わせる直前に、このマンションを購入していました。日本で再出発を目指そうとした彼女の新拠点となるマイホームです」(福原の知人) しかし、福原が帰宅した際、家に明かりはともっていなかった──。《皆様へ この度は私達夫婦のことでお騒がせする事態となり、申し訳ございませんでした。その後、夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私共の子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします》 7月9日、福原は台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と連名で離婚の成立を報告した。「愛さんは昨年末に離婚届に判を押し、弁護士を立てて離婚に向けた準備を進めていました。江さんは最初こそ別れようとしませんでしたが、4月末に協議の場についた。3才の長女と2才の長男の親権が争点でしたが、結局子供たちは江さんとともに、台湾で暮らすことに。双方の主張が食い違って時間がかかると思いましたが、あまりに早い合意に驚きました。愛さんには決着を急ぎたい理由があったのでしょう」(台湾人ジャーナリスト) 鉄の意志で離婚を勝ち取った福原だが、すべてが望み通りになったわけではない。「1月に帰国した際、彼女が思い描いていた人生設計は、ことごとく崩れ去っていると思います。その1つが社会貢献活動です。彼女は2月に株式会社omusubiを設立し、自分を育ててくれた卓球界やスポーツ界に、恩返しするつもりでした。しかしオフィスは会社設立からわずか2か月で閉鎖され、現在まで目立った活動はありません」(福原を知る卓球関係者) 公的な活動とともに、私生活でもある構想を抱いていた。その舞台となるはずだったのが冒頭のマンションだ。福原の知人が明かす。「新居は静かな高台に建つ、床面積が300平方メートル近い大豪邸です。価格は3億円をくだらないそうです。もともと愛ちゃんはこの家に2人の子供と母親と住む計画を立てていた。まだ小さい子供たちがのびのびと遊べる素敵なおうちを選んでいたんです」 福原は新婚半年で購入した都内の一戸建てを売却し、その資金を新居購入に充てる計画だったようだ。「前の戸建ては1億円ほどで購入したもの。こちらも広さは充分でした。でも彼女は江さんとの離婚を念頭に、心機一転して新生活を送ることを決めていた。そのための新居購入でした」(前出・福原の知人) たったひとりで台湾での生活を清算した福原は、今年初めに日本に戻ってから半年間、子供たちに会っていない。「周囲には『コロナもあるし、台湾に行くとパパラッチがうるさいから』と語っていますが、半年も子供たちと会わないことを台湾メディアは『残忍』と報じました」(前出・台湾人ジャーナリスト) 子供たちだけではない。今年3月下旬に帰国した母親も福原と同居していないという。「介護が必要な千代さんのお世話はしているけど、一緒には暮らしていないようです。愛ちゃんにとって家族は頼ったり甘えたりする存在ではなく、常に緊張感をもって接する関係でした。 母親とは子供との生活を何より大事にするものだといわれても、彼女は親子関係の築き方がわからないという不安を抱いていた。子供をポイッと置いてきたことに批判もあるでしょうが、彼女にとってはいままで通り一家の大黒柱として働くためには、子供や母と離れて暮らすことが最善だと思ったのでしょう」(前出・福原の知人)※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
2021.07.15 05:00
女性セブン
福原愛、離婚成立で五輪関連の仕事が決定 スポーツ界への恩返しへ
福原愛、離婚成立で五輪関連の仕事が決定 スポーツ界への恩返しへ
 誰からも愛された彼女の人生がここまで変わることを誰が予想しただろうか。今年1月、福原愛(32才)は卓球の全日本選手権・女子シングルス決勝の解説のため、卓球選手の夫・江宏傑(32才)と2人の子供を台湾に残して日本に帰国した。その後、出演したテレビ番組で「今後は日本を拠点にする」と発言し、にわかに夫婦不仲説が流れた。 決定打は3月だった。『女性セブン』が福原と5才年下の商社マンとの「里帰り不倫」を報じ、同じタイミングで『週刊文春』が、江や彼の家族によるモラハラにより夫婦が離婚協議中であることを報じたのだ。2016年の結婚以降、仲睦まじい姿を見せてきた夫婦が抱える不倫と家庭内不和のダブルパンチに、“天才卓球少女愛ちゃん”を応援してきた日本と台湾は大騒ぎになった。「報道後、しばらくの間、江さんは家庭円満をアピールし続けましたが、愛ちゃんの離婚の意志は固かった。台湾には絶対戻らず、江さんとも話をしないと誓っていました」(福原の知人) 夫婦は7月9日、連名で離婚の成立を発表した。福原が選択した共同親権は文字通り、離婚後も元夫と元妻の双方が親権を有することを指す。単独親権のみの日本では認められていない制度だ。「台湾では離婚する夫婦の約1割が共同親権を選びます。共同親権なら月曜から金曜までは母、土、日は父というふうに育児を分担するのが一般的です。国際結婚の福原さんの場合は、夏休みの期間だけ福原さんが日本で子供を預かる、ということも考えられます。金銭面も双方が共同負担しますが、台湾メディアは、『経済力で上回る愛さんが多く負担するのでは』と報じています」(台湾在住の蘇逸修弁護士) 離婚成立を発表した日、江は自身のSNSを更新。長女、長男と一緒に撮影した写真を投稿してこう述べた。《私は元気です。皆さん、心配しないでください。今日から新しい生活が始まるよ。GO!》 江が子供と新生活を送る一方で、福原は子供とも今年3月下旬に帰国した母親とも暮らさず、ひとりで生活することを決めた。しかし失ったものばかりではない。「実はこのタイミングで、東京五輪関連の仕事が正式に決定したと聞いています」 と明かすのはテレビ局関係者だ。「3月の不倫報道後、福原さんはCMのスポンサーを失い、テレビや解説の仕事もまったくの白紙になりました。しかし東京五輪の開幕が迫り、離婚が成立したことで知名度のある彼女にオファーが届いたようです。遠回りになりましたが、卓球界やスポーツ界への恩返しという彼女の目標が、徐々に実現していきそうです」(テレビ局関係者) 福原愛の新しい生活も始まろうとしている。※女性セブン2021年7月29日・8月5日号
2021.07.14 16:00
女性セブン
【動画】福原愛、離婚 元夫は台湾で「21才アイドルと親密」報道
【動画】福原愛、離婚 元夫は台湾で「21才アイドルと親密」報道
 不倫騒動を経て、正式に離婚を発表した福原愛さん。現在、台湾では元夫の江宏傑さんの噂が話題を呼んでいます。 現地ジャーナリストによると「21才の林葦ニー(女偏に尼)というアイドルと、江さんの関係が取り沙汰されている」とのこと。 同じ事務所に所属し、先輩・後輩という間柄の2人。2人は、6月16日の深夜にインスタライブを開催し、林さんが江さんに対して『私のことキレイだと思う?』と質問し、江さんが返答に窮する場面があったそう。台湾では、2人の仲のよさを取り上げた報道も出始めているそうです。
2021.07.09 16:00
NEWSポストセブン
親権は福原愛に?
離婚の福原愛、不倫デート2日目詳報 「グミ、100グラムにしよ」
 2016年9月に結婚、2017年10月に第1子を出産、2019年4月に第2子を出産。そして今年3月に不倫発覚、7月に離婚──卓球女子元日本代表・福原愛(32才)の結婚生活は5年弱でピリオドを打った。夫・江宏傑との離婚を発表した福原愛。そのきっかけとなったのは、女性セブンの不倫報道だった。そこでここでは、雑誌誌面では掲載しきれなかった不倫デート2日目の全貌を再度詳報する。(初出/2021年3月4日配信『福原愛、横浜不倫デート2日目の全貌 仲良くパンケーキを堪能』。以下、年齢などは掲載当時のまま) * * * 雲ひとつない晴天に恵まれた2月のある日。横浜のベイエリアにある高級ホテルに、25センチほども身長差のあるカップルの姿があった。男性がチェックアウトし、女性は1人でエスカレーターを降りていく。この2人は、不倫疑惑が発覚した卓球女子元日本代表・福原愛(32才)と、前日から横浜デートを楽しんでいた男性・Aさんだ。 福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ、32才)と結婚し、2人の子供がいる。一時帰国している彼女は、その間にAさんとデートしていたのだ。福原はAさんと6~7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近したという。 福原が今年1月に設立し代表取締役を務める「株式会社omusubi」は、不倫疑惑を報じた女性セブンが発売された3月4日に公式サイトを通じてこうコメントを発表した。〈この度、弊社代表取締役社長 福原愛に関する週刊誌報道に関しまして、福原を応援してくださっている皆様、関係者の皆様にご心配やご迷惑をお掛けしておりますことを深くお詫び申し上げます〉 このコメントでは不倫疑惑について直接の説明を避けているが、福原は記者の直撃に対し、Aさんとの関係を「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれる仲のよい友達の1人です」と説明し、横浜のホテルに泊まっていたことについては「それは事実ですが、ホテルの部屋は2部屋取っていました」と釈明していた。 デート1日目は、福原が横浜中華街で彼にソフトクリームを「あーん」してあげるなど食べ歩きデートを楽しんでいた2人。2日目のこの日、ホテルを車で出て向かったのは、ベイエリアの観光スポットとして知られる「横浜赤レンガ倉庫」だった。 横浜港の開港を受け、1910年代に保税倉庫として建設された赤レンガ倉庫は歴史的な建造物として知られ、経済産業省に近代化産業遺産として認定されている。2002年からは文化・商業施設に生まれ変わり、内部にはアクセサリーショップやアパレル、おしゃれなカフェやレストランが並んでいる。 赤レンガ倉庫に入った2人が向かったのは、オーストラリア発で“世界一の朝食”と称されるパンケーキで有名な店だった。連日行列ができるほどの人気店で、2人が到着したときにも数組が前に並んでいた。列の最後尾に並んだ福原とAさんは、顔を寄せ合って小さな声で楽しそうに話している。 20分ほど並んで入店した2人は、向い合わせでテーブル席についた。食事が来るまではマスクを外すことなく、おしゃべりが止まらない様子だった。 名店でブランチを堪能した福原たちが外に出ると、風は冷たいものの抜けるような青空が広がっていた。ゆっくりと海沿いを歩く姿は、傍目からは普通のカップルにしか見えない。途中で休憩し、また歩き出す2人。今度は赤レンガ倉庫で雑貨店などが入るエリアに向かっていた。 リアルで色鮮やかな食品サンプルが並ぶ店では、2人で熱心に商品を覗き込んで何かをささやきあっていた。そして、すぐ近くにある世界のお菓子を量り売りするキャンディショップへ。福原の目が輝く。「あれ、あるかな? 丸くてグミみたいなの……。あ!これだ!」 彼女が見つけて喜んでいたのは、どうやらハンガリーのグミのようだった。「アルコール、アルコール」とはしゃぎながら手をアルコール消毒し、ビニール手袋をつけてスコップでグミを袋に入れていく。Aさんがそれを受け取り、スケールで測る。「68グラムだね」とAさんがいうと「あと少し。100グラムにしよ」と福原。 お菓子を購入したあとは、さらに赤レンガ倉庫内をブラブラ。その後は車に乗り込み、2日目のデートを楽しんでいた。 だが、2人の逢瀬はこれで終わったわけではなかった。その日、福原が帰ったのは都内の自宅だったが、Aさんも福原の自宅に泊まったのだ。3日目となる翌日、Aさんは福原の自宅から職場に向かった。 夫である江宏傑の所属事務所は「江は福原と会っていた男性について面識はありません」と声明を発表している。自分が知らない男が妻と横浜でデートを楽しみ自宅にまで泊まっているということを、夫はどう考えるのだろうか。
2021.07.08 20:55
NEWSポストセブン
福原愛、離婚原因となった不倫デート1日目 中華街から高級ホテルへ
福原愛、離婚原因となった不倫デート1日目 中華街から高級ホテルへ
 所属事務所を通じて離婚を発表した、元卓球女子日本代表の福原愛(32才)。福原は夫の江宏傑(ジャン・ホンジェ)と連名で文書を発表し、「この度は私達夫婦のことでお騒がせする事態となり、申し訳ございませんでした。その後、夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました」と報告した。続けて「私共の子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします」としている。 離婚の原因となったのは、女性セブンの不倫報道だった。そこでここでは、雑誌誌面では掲載しきれなかった不倫デートの全貌を再度詳報する。(初出/2021年3月4日配信『福原愛の横浜不倫デート1日目の全貌 ソフトクリームを「あーん」も』。年齢などは掲載当時のまま) * * * 卓球女子元日本代表で、現在は解説者やタレントとして活動する福原愛(32才)の不倫疑惑を女性セブンが報じた。福原は、2016年9月に台湾出身の卓球選手、江宏傑(ジャン・ホンジェ、32才)と結婚。二児をもうけ台湾で暮らしている。今年1月、「株式会社omusubi」を設立し代表取締役に就いた彼女は、その会社設立の手続きなどで現在、日本に単身赴任中だった。その最中に2泊3日にわたりデートを楽しんでいたのだ。 デートしていた相手は、Aさんという都内の一流企業に勤めるエリートサラリーマンで、大谷翔平選手(26才)似のイケメン。福原とは6~7年前に知人を介した食事会で知り合い、今年に入って急接近したという。 福原は記者の直撃に対し、Aさんとの関係を「精神的にあまり安定していない私を、サポートしてくれる仲のよい友達の1人です」と説明し、横浜のホテルに泊まっていたことについては「それは事実ですが、ホテルの部屋は2部屋取っていました」と釈明した。 2人が会っていたのは2月下旬のことだった。Aさんが運転し、福原が助手席に座る高級車は横浜みなとみらい周辺に止まった。男性が向かったのはチェーンのコーヒー店。飲み物を購入して車に戻ると、再びドライブ。周辺はランドマークタワーや臨港パーク、赤レンガ倉庫など観光スポットが目白押しのエリアだ。 昼過ぎ、横浜中華街入り口近くの駐車場に車が止まると、2人は歩いて中華街の中へ。ここから福原と彼の“食べ歩きデート”が始まった。 まず食べたのは、点心で有名な中華料理店だ。行列に2人で10分ほど並び、仲良くシュウマイを食べていた。 続いて2人は中華街の中にあるベビースターラーメンのアンテナショップ「ベビースターランド」へ。さらに別の店でソフトクリームを購入し、食べながら歩いていた。福原がソフトクリームをAさんに「あーん」と食べさせてあげるシーンも。2人の距離の近さがうかがえる。 車を駐めてからまだ1時間ほど。「アメリカ山」や「港の見える丘公園」で知られる元町方面に向かうと、まだ2人は食べ足りなかったのか、界隈では有名なクレープ店に。ここでも列に並んで仲良くクレープを購入していた。その後2人は、山下公園をゆっくり散歩。ここまでチョイスされたお店はいずれも地元・ハマッ子の間では知られる名店ばかりだ。しっかりとデートプランが立てられていたのだろうか。 山下公園から向かった先は、再び中華街。これまた大きな豚まんで有名な店を訪れ、並んで仲良く購入していた。 この日、2人は横浜にある人気の高級ホテルへ。そろって出てきたのは翌日の朝だった。これが独身の男女であれば単なる微笑ましいデートだが、夫と子供を台湾に残して一緒にお泊まりしたとなれば、批判は免れないだろう。そして逢瀬は2日目へと続いた──。
2021.07.08 20:35
NEWSポストセブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン