ライフ

美容整形の素朴な疑問 施術のタイミングは? 通院は必要?

aa

疑問を解消すれば“プチ整形”のハードルも下がる(イラスト/サトウヨーコ)

 一昔前に比べたら、一般的になったと言える美容整形。安価で簡単な施術の“プチ整形”の経験者も増えているが、まだまだハードルが高いと感じている人も少なくないだろう。また、費用や痛み、術後の経過などに不安があるという人も多いはず。そこで、美容整形に関する素朴な疑問をクリニックのドクターにぶつけてみた。

Q.カウンセリングって重要?

A.とっても大切! 相談で不安の解消を。

施術を行う際に最も大切なのは医師との信頼関係。

「その医師に施術を任せられるかを見極めるのがカウンセリングです。そのためには事前にクリニックのホームページなどを見て、下調べしたうえで、要望や疑問点などを伝えましょう。医師の印象や対応の仕方も判断材料にするといいでしょう」(高須クリニック)

 メール相談や無料カウンセリングを行っているクリニックも多い。遠慮はせず、しっかり話を聞こう。

Q.取るべき、シミやほくろはある?

A.年々、大きくなっているほくろは取って!

「徐々に大きくなっているものや膨らんでいるほくろは、がん化の恐れがあるため切除した方がいいでしょう。大きいものほど手術の傷が深くなり跡が残る場合もあるので、早めの処置をおすすめします」(アサミ美容外科)

Q.施術を受けるベストなタイミングは?

A.シミの治療なら紫外線が強くなる前に!

「シミ治療後に強い紫外線を浴びると色素沈着に繋がる恐れがあるため、夏前の施術を。ただしUVケアを徹底すれば問題ありません」(品川スキンクリニック)
「2月と8月後半は比較的すいているので、その時期を狙うのもおすすめです」(アサミ美容外科)

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
なぜここまで打てなくなってしまったのか…(時事通信フォト)
巨人・小林誠司、6月の打率0割… 慢性的な打撃不振は「指導者に責任の一端」の指摘
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
分裂抗争が最終局面に(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)
「民間人の店も襲撃」 最終局面に突入した分裂抗争で六代目山口組が見せた意志
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン