国際情報

訪米する菅首相は「アジア人ヘイトクライム」を無視するな

アトランタの悲劇は序章にすぎない(AFP=時事)

アトランタの悲劇は序章にすぎない(AFP=時事)

 3月16日、ジョージア州のアトランタで連続銃撃事件があり、8人が死亡、そのうちの6人はアジア系の女性だった。銃撃した容疑者は逮捕された。今のところ動機は不明とされているが、アメリカのニュース番組では、アジア系に対する偏見、恨みによるヘイトクライムではないかと分析している。その可能性は高いだろう。

 個人的な話になるが、筆者は先日、コロナワクチンの1回目の接種を受けた。接種会場である薬局チェーンのWalgreenに行くと、受付には行列ができていた。しかし手際は良く、スムーズに列は進んでいたのだが、突然それが動かなくなった。先頭のほうを見ると、中国人と思われる男性が窓口の白人女性と押し問答をしている。しばらく待っても列は一向に進まない。それもそのはずで、その男性は英語がわからないのである。白人女性に中国語で話しかけ、本人はスマートフォンの翻訳アプリを開いて女性の英語をいちいち中国語に変換しようとしている。列に並ぶ人たちは、一様に顔を曇らせてうんざりしていた。

 アメリカで暮らすならば、英語で最低限のコミュニケーションを取れることは常識だ。その男性は自国の言葉ですべてが通用すると思っているかのように、多くの人を待たせても平気な顔をしている。言葉が十分でないことは仕方ないとしても、その態度を見て列に並ぶ人たちはイライラしていた。

 それというのも、ニューヨークでは、多くの中国人はチャイナタウンに住み、その中で緊密な関係を保ち、集団生活を送っている。基本的に経済活動もチャイナタウンの中で完結し、あまり外の人たちと触れ合おうとはしない。同じアジア系として困るのは、アメリカ人の大半は、日本人、中国人、韓国人の区別が全くつかないのである。日本人は外国で暮らす礼儀をわきまえ、英語を勉強する人がほとんどだ。多くの韓国人も同じような傾向で、英語に関してはとてもうまい。しかし、中国人に対する憎悪が増すと、日本人も韓国人も同じような目で見られてしまう。

関連キーワード

関連記事

トピックス