芸能

綾瀬はるか、「新しい顔」を見せ続けられる理由と石原さとみとの違い

綾瀬はるか

同じ事務所所属の綾瀬はるかと石原さとみ。女優としての方向性の違いとは?

 綾瀬はるか(35才)主演のTBS日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』の最終回が3月21日に放送され、ツイッターで「#天国と地獄」が世界トレンド1位なるなど、大きな話題となった。

 綾瀬演じる刑事の望月彩子と、高橋一生演じる殺人事件の容疑者・日高陽斗の魂が入れ替わるという本作。綾瀬は、見た目は女性の刑事で、中身は男性という難しい役を好演した。

 公開中の映画『奥様は、取り扱い注意』では特殊工作員、日本テレビ系ドラマ『義母と娘のブルース』では無表情な義母、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』では“干物女”と、幅広い役を演じて“新しい顔”を見せるとともに、ヒットを生み出し続けている綾瀬。今回の『天国と地獄 ~サイコな2人~』もまた、その魅力を存分に発揮する作品となった。そんな綾瀬の“演技の幅”について、エンタメ事情に詳しいライターの大塚ナギサ氏はこう分析する。

「綾瀬さんは、かなり入念に準備をしてから撮影の臨むと言われています。アクションをやるにしても、しっかりトレーニングを積んでいて、とにかく真摯に演技に取りくんでいます。その結果、どんな役でも見事に演じきり、それが揺るぎない実績となっている。だからこそ、ちょっと難しそうな役であっても“綾瀬さんなら大丈夫”となって、オファーが絶えないのでしょう」

 撮影前のトレーニングの成果なのかどうかは不明だが、『天国と地獄 ~サイコな2人~』での走るシーンでの“フォーム”は美しすぎると、ネット上で話題にもなった。

「高校時代な陸上部で、運動神経もとてもいい。だからこそ、アクションもできるし、いろいろな役を演じられるのでしょうね」(テレビ局関係者)

 一方、綾瀬と同じホリプロの所属の石原さとみについては、“似たような役柄が多い”と言われることもある。

「たしかに石原さんは、変化球的な設定の役よりも、本人のキャラクターに近い役柄が多いですね。つまり“正統派”と言えます」(前出・テレビ局関係者)

 同じ事務所で同世代の綾瀬と石原は、どうして女優としての方向性が異なったのだろうか。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン