ライフ

服を買わなくなった舛添要一氏 政治家時代のYシャツは作業着として活用

“手ぶら人生”を実践する著名人を紹介(写真は舛添要一氏)

“手ぶら人生”を実践する著名人を紹介(写真は舛添要一氏)

 年を重ねれば、それだけ抱えるものも増えてくる。人生の中で得た資産も、思い出の品も、これまで築いた人間関係も、手放すとなると躊躇してしまう。“手ぶら人生”を実践した著名人が、その体験を明かした。

“商売道具”を整理した著名人がいる。元参院議員の筆坂秀世氏(73)はこう明かす。

「コロナのリスクがあって人混みが嫌だから、私は“東京”を捨てました。テレビ出演や講演などいろいろ仕事の話はあったけれど、すべて断わった。それでこの際ならと、スーツやワイシャツ、革靴も捨てたんだ。もう使わないからと捨ててみたら、気が楽になったよ。

 私は議員年金の年数を満たしてないからもらってないけど、何の欲もないから、通常の年金生活で十分。今じゃ、スニーカーを履いて女房と近所を散歩するのが楽しみ。(住んでいる)埼玉は自然が多くて季節の花や小鳥とか見ると和む。可愛くて、癒やされるよ。東京の喧騒にいたら気づかなかったことに今は目がいくようになったね」

 5年前に都知事を辞した舛添要一氏(72)も、「衣類」の整理を始めている。

「大臣や都知事をしている時は、公に出る仕事なので服装には気を配り、毎年、スーツは冬物と夏物を1着ずつくらい買っていました。スーツは襟の幅などの流行りがありますからね。都知事の時は、五輪関連で海外からのお客さんをもてなす機会も多かったので、“都知事は時代遅れの服を着てる”と思われたら、東京のイメージが悪くなると考えていました。

 そういった昔着ていたスーツやシャツは何十着もありますが、無理にまとめて捨てたりはしていません。大事なのは新たに買い足さないこと。趣味の農作業や大掃除の時に、作業着として着古したワイシャツやカラーシャツを利用しています。そうして汚れたりボロボロになったらポンと捨てる。そうやって整理しています」

 都知事を辞めてからは、外出することが減り、スーツを着る機会も少なくなったという。

「ちょっと外に出る時は、昔から持っているジャンパーなんかを羽織ればいい。たまにビシッとした格好をする必要がある時は、家に残っている昔のスーツやシャツでコーディネートすれば十分です。高齢になれば体型も大きく変わりませんしね。おかげでこの5年間、衣類の出費はほぼゼロです」(舛添氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
山田邦子
天下を取った女性芸人・山田邦子が語る「テレビが求心力を失った理由」と「傷つけないお笑いへの疑問」
女性セブン
呼吸困難、頭痛など後遺症の組み合わせは多岐にわたる(写真/PIXTA)
疑われ始めたワクチンの効果 追加接種に積極的な国ほど感染者増、自然免疫力への悪影響も
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン