舛添要一一覧

【舛添要一】に関するニュースを集めたページです。

並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
 7月7日投開票の東京都知事選は、「女帝」こと小池百合子・現都知事(71)と「仕分けの女王」と呼ばれた蓮舫・参院議員(56)の事実上の一騎打ちとなっている。2人に共通するのは、並々ならぬ上昇志向でここまでの…
2024.06.17 07:00
週刊ポスト
帝政ロシアの内務官僚から頭角を現わした(Getty Images)
【舛添要一氏解説】プーチンお気に入りの「偉大なるロシア」を掲げた帝政末期の政治家・ストルイピンとは何者か
 ウクライナを侵攻中のロシアを率いるプーチン大統領。その強権的な政治手法により、ソ連の独裁者・スターリンとの類似性がしばしば指摘されている。国際政治学者の舛添要一氏によると、プーチンが手本とするロシ…
2022.12.03 11:00
NEWSポストセブン
(Getty Images)
【舛添要一氏解説】軍事侵攻を正当化する「プーチンの論理」は、旧ソ連の独裁者スターリンに酷似している
 2022年2月に侵攻を開始してから約7か月後、ロシアのプーチン大統領はウクライナ4州の一方的な併合を宣言した。その後、南部へルソン州の州都を奪還するなどウクライナ側の反撃も激しさを増しており、11月末現在、…
2022.11.29 11:00
NEWSポストセブン
ソ連の全体主義が産んだ(Getty Images)
プーチン大統領が崇拝するソ連の独裁者スターリン ヒトラー、ムッソリーニとの違いは
 ウクライナへの侵攻を続けるロシア。強権的な政治手法を続けるプーチン大統領に、国際社会はどう向き合うべきなのか。20世紀の独裁者について考察するシリーズを上梓する国際政治学者・舛添要一氏は、最新刊『ス…
2022.11.27 16:00
NEWSポストセブン
プーチンは「スターリン批判」を禁じている(Getty Images)
ソ連の独裁者スターリンと重なるプーチンの手法「失われた帝国を再興しようとしている」と舛添要一氏
 ウクライナへの侵略行為を続けるロシア。それを率いるプーチン大統領の政治手法を理解するには、ロシアが辿った歴史にも目を向ける必要がある。実際、プーチンはかつてロシアを統治した独裁者に多くを学んでいる…
2022.11.24 11:00
NEWSポストセブン
舛添要一氏も変形性股関節症に悩まされた(時事通信フォト)
舛添要一・前都知事、変形性股関節症との闘い「病室が執務室になった日々」を振り返る
 多くの人が悩んでいるという「股関節」の痛み。川崎医科大学附属病院整形外科教授で股関節外科が専門の三谷茂医師によれば、実際に痛みなどの症状を有する変形性股関節症の患者数は、男女合わせて推定500万人程度…
2022.05.11 19:00
週刊ポスト
舛添要一氏に性の仕組みを教えてくれたのは?(時事通信フォト)
舛添要一氏が懐かしむ北九州時代 地元のヤクザから学んだ「男女の話」
 インターネットの普及によって、分からないことは何でもネットで調べればいい、という昨今。たとえば、家族と話しづらい“性”に関することをネットで検索する子供も多いだろう。では、ネットがなかった時代に育っ…
2021.12.05 16:00
週刊ポスト
自民党OBに総裁選の行方を聞いた(写真は舛添要一氏)
舛添要一氏「岸田総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」
 9月17日に告示され、29日に投開票を迎える自民党総裁選。現職の国会議員、まして権力にしがみつく自民党議員には、選挙という目先の利益しか見えていない。そこで選ばれる総理・総裁は、果たしてその任を全うでき…
2021.09.19 11:00
週刊ポスト
「独裁者」考 独身貫いたヒトラーと愛人が何人もいたムッソリーニ
「独裁者」考 独身貫いたヒトラーと愛人が何人もいたムッソリーニ
 世界を「不安」や「恐怖」で包んだコロナ禍は、一部で独裁的な政治権力の台頭を許した。自由な民主主義が脅かされるいまこそ、「20世紀の独裁」をあらゆる面から検証する必要があるはずだ。例えば「20世紀の独裁…
2021.08.02 07:00
NEWSポストセブン
会談中のムッソリーニとヒトラー(Getty Images)
ヒトラーは「敬礼」から「演説スタイル」までムッソリーニをパクった
 コロナ禍や経済格差で世界が不安、恐怖に覆われるなか、再び独裁的な指導者の力が増している。自由な民主主義が脅かされているいまこそ、「20世紀の独裁」をとらえ直し、その功罪を見極める必要があるのではない…
2021.07.29 07:00
NEWSポストセブン
自民党OBに総裁選の行方を聞いた(写真は舛添要一氏)
舛添要一氏「五輪中止唱えるのがタブーな状況を作ったのは安倍さん」
 五輪開幕まで2か月を切り、菅義偉・首相の苦渋の表情が目に付く一方で、存在感を示しているのが安倍晋三・前首相だ。月刊誌『Hanada』7月号のインタビューで、ポスト菅について“子飼い”とも言える4人の名前を挙げ…
2021.06.01 07:00
週刊ポスト
舛添要一がバッサリ「#吉村知事はテレビ出ないで仕事しろ」
舛添要一がバッサリ「#吉村知事はテレビ出ないで仕事しろ」
 ちょうど1年前、大阪の吉村洋文・知事は「コロナのスター」だった。連日、記者会見を開き、政府に先駆けて対策に奔走した。その孤軍奮闘ぶりに「#吉村寝ろ」がトレンドワードになり、「吉村総理待望論」まで持ち…
2021.04.19 07:00
NEWSポストセブン
自民党OBに総裁選の行方を聞いた(写真は舛添要一氏)
服を買わなくなった舛添要一氏 政治家時代のYシャツは作業着として活用
 年を重ねれば、それだけ抱えるものも増えてくる。人生の中で得た資産も、思い出の品も、これまで築いた人間関係も、手放すとなると躊躇してしまう。“手ぶら人生”を実践した著名人が、その体験を明かした。“商売道…
2021.04.02 07:00
週刊ポスト
まだまだ「元気なおじさん」として活躍する(時事)
舛添要一流の終活「権力に寄ってくる輩とは付き合わない」
 国際政治学者で、厚生労働大臣や東京都知事を歴任した舛添要一氏(72)は、歯に衣着せぬ直言で知られるが、それだけに激しい批判にされされることも多くあった。バッシングを受けてもブレない姿勢は今も健在だが…
2021.03.30 07:00
NEWSポストセブン
レジ袋有料化の賛否 「削減できるゴミは微々たるもの」と舛添要一氏
レジ袋有料化の賛否 「削減できるゴミは微々たるもの」と舛添要一氏
 環境への意識の高まりは世界的な動きだが、2020年7月から始まった「レジ袋の有料化」をめぐっては議論百出の事態となっている。【写真】帝京科学大学生命環境学部教授の仲山英之氏 賛否両論ある中で、帝京科学大…
2021.01.10 16:00
マネーポストWEB

トピックス

『オールナイトニッポン』での報告を終えて帰宅するaiko(2021年)
《音楽活動止まる恐怖》aiko、洗脳プロデューサーの“体を張る”関係性「一通の年賀状」が解いた4年間の“警戒心”
NEWSポストセブン
お笑いコンビ・元オセロの中島知子(左)と松嶋尚美(右)
《オセロ解散から11年の異変》23年続いた番組終了でレギュラー消滅危機の松嶋尚美、「九州でレギュラー番組7本」中島知子と“白黒逆転”の現在
NEWSポストセブン
3つの殺人、殺人未遂の容疑がかかる金澤成樹若頭(撮影/鈴木智彦)
【ラーメン店経営の組長射殺】対立組織のヒットマン逮捕で見える「警察の狙い」山口組抗争再燃の可能性も
週刊ポスト
十枝内容疑者(左)のもとで働いていた田中健一さん
【青森密閉殺人】“交通単独事故”で去年も十枝内運輸の社員が一人死んでいた 殺人容疑で逮捕の容疑者と借金トラブル 娘は「事故ではなかったのではないか」と訴え 青森県警も関係者再聴取か
NEWSポストセブン
6月20日に告示される東京都知事選挙のポスター掲示場。過去最多だった前回の22人を上回る立候補者が見込まれている(時事通信フォト)
なぜ、東京都知事選には多くの人が立候補するのか 出馬は前回の22人を上回る史上最多となる見込み
NEWSポストセブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン