国内

東大卒キャリア官僚「勉強ができたからこその悲惨ルート」を嘆く

「東大→キャリア官僚」はエリートコースの王道だったが…

「東大→キャリア官僚」はエリートコースの王道だったが…

 現在も「東大卒」のブランドは圧倒的だが、東大生を取り巻く環境は大きく変化しているという。東大の「学生生活実態調査」(2018年度)によれば、学部生が最も多く抱える悩みは「将来の進路や生き方」で、「就職」が続く。

 かつて「東大→キャリア官僚」はエリートコースの王道だったが、現在は「官僚離れ」が進む。

 2020年度の国家公務員総合職(キャリア)試験合格者1717人中、東大卒は249人で、合格者に占める割合はピーク時の32.5%(2010年)から14.5%に激減した。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏が指摘する。

「SNSの発達とともに、若手官僚の職場環境が極めて過酷で、労働時間が非常に長いのに年収が低いことが若い世代に知れ渡りました。加えて、事あるごとに不祥事で国民からバッシングされるうえ、天下りが難しくなっている。東大を出て官僚になる“旨味”がなくなったことも官僚離れの要因です」

 現実に官僚になった東大卒は疲弊している。

 霞が関の中央省庁で課長補佐を務める30代のキャリア官僚A氏は、月の平均残業時間が150時間。国会会期中は答弁作成のため200時間を超えることもある。

 肉体的にも精神的にも常に疲弊し、通勤の満員電車で立ったまま気絶したように眠る──。最近になってようやく、そうした労働環境が問題視されるようになったが、これまで残業代はほとんど出ず、入省10年目の年収は650万円だったという。

 自身も東大卒のライター・池田渓氏(2002年入学、理II)は、A氏を取材した際にこう打ち明けられた。

〈東大に入らなければ、こんなつらい仕事に就くこともなかったのかな、なんてことはよく考えます。小さい頃からなまじ勉強ができたから、東大なんかに入ってしまい、人生がこんな悲惨なルートにつながってしまった〉

関連記事

トピックス

食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
当初「牛宮城」に反対していたという高橋社長(写真/小倉雄一郎)
人気YouTuberの“仕掛け人”Guild高橋将一代表 宮迫博之の復活プロデュース秘話「牛宮城はガチ」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
ニューヨークの街を歩く小室夫妻
小室圭さん眞子さんの結婚に反対 参院選出馬の皇室系YouTuberに賛同する人たち
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さまの部活動で懸念される小室圭さん「警備費用」蒸し返し問題
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
高須院長
高須克弥氏が語る最新美容医療「いかに気づかれず自然に変われるかが求められる」
女性セブン
代役をハマり役に変えた(時事通信フォト)
川口春奈の凛とした魅力 賛否両論渦巻く『ちむどんどん』で一服の清涼剤に
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン