• TOP
  • 芸能
  • 夏目三久の愛され力、かつて“恋から”現場で見せたチームへの気配り

芸能

2021.04.05 19:00  NEWSポストセブン

夏目三久の愛され力、かつて“恋から”現場で見せたチームへの気配り

夏目三久と有吉弘行は『怒り心頭』で共演した(写真は2011年)

夏目三久と有吉弘行は『怒り心頭』で共演した(写真は2011年)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、有吉弘行(46才)との結婚を発表した夏目三久アナウンサー(36才)について。

 * * *
 私が彼女と初めて会ったのは、2007年3月、『恋のから騒ぎ』(日本テレビ系)のスタジオだった。

 当時、日テレでは、同番組の“説教部屋”セットを利用して新入社員の女性アナウンサーに明石家さんまがインタビューするスタイルで収録を行い、それを入社式で流していた。さんまさんとスタッフのアイディアだった。

「目配りができて、チームを大切にする人」

 さんまさんが新人アナウンサーのプロフィールを“めくり”で紹介していき、その答えによってはピコピコハンマーによる“愛の説教”がもたらされた。説教部屋行きとなった“恋からガールズ”と同じ扱いだ。

 夏目のくだりで覚えているのは「第一志望は出版社だった」ということ。テレビ局のアナウンサーが第一志望でなかった点で、まずピコピコハンマーを食らった。続いて、大阪府箕面市出身ということで「お笑い好き」というくだりになり、「好きな芸人」の項をめくって出てきたのは「チュートリアル徳井義実」。チュートリアルは前年の『M-1グランプリ』王者ではあったものの、まだ全国区というワケではなかった頃だが、イケメン芸人として女性ファンが急増していただけに、これがまた、さんまさんからの説教ポイントになったのは言うまでもない。

 同じセットで夏目を見たのは、ちょうど一年後だった。一期下の小熊美香アナが同じパターンで説教部屋にやってきたとき、先輩としてアテンドしていたのだ。そのとき彼女は緊張している小熊アナに優しく声をかけつつ、『恋から』のスタッフらに頭を下げ、さんまさんにも大きな声で「今日はありがとうございます。よろしくお願いします」と挨拶をしていた。

 2本録りが終了し、本来ならセットのバラシや片付けに入る時間。そこに“お邪魔”していることをちゃんと理解していた。バインダー片手に時間管理までする夏目は、まるで広報ウーマンのようだった。

 その後、局内で会う彼女の印象も変わらなかった。キチンとしていて、目配りができて、チームを大切にする人。これは彼女が有吉弘行に惹かれた「仕事に誠実に向き合って、仲間を大切にする」と同じではないか。自身がそういう人だから、後輩やスタッフを大切にする有吉のことが100%理解できたというわけ。お似合いのカップルだと思った。

関連記事

トピックス