• TOP
  • 芸能
  • 米国本格進出へ 渡辺直美「世界のエンターテイナー」たる2つの理由

芸能

2021.04.06 16:00  NEWSポストセブン

米国本格進出へ 渡辺直美「世界のエンターテイナー」たる2つの理由

日本一のインスタグラマーでもある(時事通信フォト)

インスタグラムの女王は米国へ(時事通信フォト)

 この4月からアメリカを拠点に活動することを発表したお笑いタレント・渡辺直美。渡米の直前には東京五輪の開閉会式をめぐる問題に巻き込まれる形でも話題になった彼女だが、今後は“世界で通用するエンターテイナー”としてますます活躍しそうだ。

 今年3月に東京五輪の開会式演出問題が報じられると、そこで名前の挙がった渡辺直美は翌18日、所属する吉本興業を通してコメントを発表。その中で、「私自身はこの体型で幸せです」「それぞれの個性や考え方を尊重し、認め合える、楽しく豊かな世界になれる事を心より願っております」とコメントしたことが、“神対応”として世間から称賛された。

 4月からは、アメリカへと拠点を移して活動することを発表している渡辺。吉本興業には所属したままだが、すでにアメリカのエージェント会社2社と契約。国内でのレギュラー番組への出演は3月いっぱいで終了することになり、自身のInstagramには「皆様が超楽しめる様な最強のエンターテイナーになれるように、お勉強してきます」と書き記している。

 もともとアメリカのシンガーソングライター・ビヨンセのモノマネでブレイクした渡辺。当初は一発屋のように見る向きもあったが、その後も『笑っていいとも!』(フジテレビ系)をはじめとしたバラエティ番組での活躍を続けていった。

 転機は2011年に開設したInstagramだった。徐々に国を超えて話題を集めるようになり、2016年には中国のメディアで「太っていてもオシャレ」と紹介された。彼女の国際的な人気の高さが日本にも伝わるようになるとともに、「太っていることは恥ずかしい」と見なされてしまう国内の遅れた価値観も露呈した。日本人のこうした価値観が未だに変わらないことは、五輪開会式の演出プラン騒動からもうかがえる。

 その後は“Instagramの女王”として知られるようになっていった。現在ではフォロワー数が940万人以上にも達し、国内の著名人の中では最も影響力のあるインフルエンサーのひとりだと言える。

関連記事

トピックス