芸能

有吉弘行、夏目三久と極秘交際5年 地元の親族にも隠し通した

家族も有吉の結婚を知らなかった

家族も有吉の結婚を知らなかった

 世間を騒がせた有吉弘行(46才)と夏目三久(36才)の結婚には多くの人が驚いた。有吉と芸能界で最も仲が良いといわれるアンガールズの田中卓志(45才)でさえ、結婚については知らなかったという。4月8日発売の「女性セブン」は、有吉の故郷・広島を取材。すると、極秘交際に関する意外な情報がもたらされた。

 4月2日の夕方、世間を騒がせる結婚が発表される約2時間前のこと。
 
 有吉は仕事を終え、車で都内のテレビ局を出た。向かった先は所属事務所の太田プロダクション。有吉が所属事務所に顔を出すのは、年に一度あるかないかのことである。

「有吉さんが事務所へ行ったのは、社長、副社長、担当マネジャーとの話し合いのためでした。夏目さんとの結婚発表のタイミングの最終調整や、同棲を始めた時期など、細かい点についての話を詰めていたのでしょう。じっくりと話し合い、その場でスポーツ紙が報じた結婚の速報記事や、その後の世間の反応を皆で確認していたそうです」(芸能関係者)

 その後、有吉のツイッターでも直筆のコメントが発表され、報道にお墨付きが与えられると「本当だったんだ!」と世間はますますヒートアップ。盛り上がりを見届けて、有吉は20時頃に事務所を出て、夏目が待つ自宅へと帰っていった。

 そもそも二人の結婚が最初に報じられたのは、いまから5年前の2016年8月のこと。日刊スポーツが、ふたりの真剣交際と年内の結婚、さらには、夏目の妊娠を“スクープ”したのだ。
 
 ところが、ふたりの所属事務所はそれぞれ否定。夏目は日刊スポーツのライバル紙であるスポーツニッポンの独占インタビューに応じ、《記事に書かれているような事実は本当にありません》《あまりにひどい内容に大変ショックを受けました》と全面的に否定した。日刊スポーツは報道から3か月後に、《一連の記事には事実と異なるところがありました》と一面にお詫び記事を掲載、妊娠報道は幻と化し、ふたりの関係もうやむやとなった。

 あれから5年後の結婚発表となったようだが、有吉の故郷、広島県の熊野町では「ついに結婚しましたか」という待望の声も上がっている。

 有吉の実家の近隣住民は、夏目の存在を聞いていたという。

「ちょうど5年前の報道のとき、お母さんに『おめでとう』と言ったら『まあ、どうなるかわからんよ』と言うだけでしたよ。でも、いまから6、7年前に弘行くんの姪っ子が生まれたとき、夏目さんからフランス製のおくるみをもらったってうれしそうだったのを覚えています」

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン