国内

コロナで変わる小学校 行事はスリム化、子供は考えて行動するように

(写真/GettyImages)

コロナ禍の新入学シーズン、どんな変化が?(写真/GettyImages)

 新しい友達の顔は大きなマスクで半分が隠れ、手をつないで学校までの道を教えてくれるはずの上級生の姿は、ソーシャル・ディスタンスで遥か遠くに背中が見えるのみ。新型コロナウイルス騒動は、小学校生活にも大きな影響を与えている。さまざな制限をうけるなかで、「生きにくさ」を実感する小学生たちも多いだろう。

 一方で、この未曽有の危機に大人も子供も一丸となって取り組むことで、予期せぬ効果も生まれた。教育研究家の妹尾昌俊さんが挙げるのは「行事のスリム化」だ。

「卒業式では来賓者を減らしてスピーチの時間を短くし、例年ならば何度も行っていた予行演習にも時間をかけず卒業生と保護者だけが参加するシンプルな式典にした例もあります。すると、卒業生を祝福するという本来の目的がよりくっきり浮かび上がり、感動的だったとの声が多かったそうです。今後コロナが収束しても、“見栄”を気にせずに学校行事を柔軟に見直す努力を続けるべきだと強く感じました」(妹尾さん)

 子供たちが「なぜ手洗いやマスクが必要か」を自分の頭で理解して実践するようになったことも大きな副産物だ。神奈川・横浜市立日枝小学校の住田昌治校長はいう。

「学校が再開した当初、ほとんど登校したことのなかった新1年生のなかには、2か月家庭で親と過ごした後、ひとりでなじみのない場所まで行って感染リスクにさらされながら過ごすことに不安を感じ、校門に入れなかったり泣き出してしまったりする子供も多かった。

 そこで不安を少しでも軽減させるために『どうやって対策すれば不安が減るだろう』と自分で考えてもらい、休み時間に遊んだ遊具を消毒したり、外から帰ってきたら手を洗ってハンカチで拭くことを実践するようになりました。

 すると不安感が消えるとともに、例年なら何度か学級閉鎖になるインフルエンザが2020年度はゼロに。自分で考えて行動した結果、心身ともに健康を取り戻せたこの経験は将来の感染症予防にも役立つはずです」

 住田校長が何よりもうれしいと感じたのは、苦しむ友達や先生の姿を見た子供たちが「みんなを笑顔にしたい」と考えて自ら行動するようになったことだ。

「1年生に限らず、昨年度の学校生活は例年以上にがまんや制約を強いられました。そのなかで悩み苦しみながら頑張る先生たちの姿を見た子供たちが、どうすればみんなが笑顔で過ごせるかを考えて、花壇に花を植えたり、近くの川でつかまえた魚やエビを集めて飼育して“簡易水族館”を作ったりしてくれました。自分のことだけでなく、みんなが元気になれることを考えて行動できるようになったのは大きな成長だと思います」

 映画化もされた『みんなの学校』の舞台となった大阪市立大空小学校、初代校長の木村泰子さんも「小学校で学ぶべき本質は想定外のことが起きる世の中で共生できる力」と声をそろえる。

「1+1=2、というようなことは、学校に行かなくても勉強できます。ですが多様性を持った子供たちが集まる学校では、正解のない問いを問い続けることができる。コロナで大きく変化を迎えるいま、身につけるべき力はどんなことが起きても共存できる、柔軟な対応力だと思う」(木村さん)

※女性セブン2021年4月22日号

関連記事

トピックス

弘中綾香アナ・田中みな実
弘中綾香アナ、資産15億円社長と結婚で「フリー転身」秒読み 田中みな実との競合は大丈夫か
NEWSポストセブン
ディナーショーを中止した丘みどり
丘みどりディナーショー中止は「秋篠宮家のせい」はデマ 広がる偽情報に名古屋観光ホテル「全く無関係」
NEWSポストセブン
アントニオ猪木へのリスペクトは数え切れない
桑田佳祐も「天皇の執刀医」も熱烈な“猪木信者” 各界のトップたちに燃える闘魂が与えた影響
NEWSポストセブン
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
工藤静香、2人の娘への“帝王学”「仕事場には電車で」「スタッフの前でも厳しく注意」
女性セブン
互いに認め合い、激動の80年代を駆け抜けたふたり
中森明菜と松田聖子、認め合っていた2人 かつて飛び交った不仲説の真実
週刊ポスト
町田啓太と玄理の熱愛は5年前から
【全文掲載】町田啓太が4才年上国際派女優と“トイプードル同棲” 仕事好調の裏に彼女の支え
女性セブン
2010年3月に行われた円楽さんの襲名披露会見
逝去の三遊亭円楽さん 故・桂歌丸さんが闘病の支えに「呼びにきちゃダメだよって……」
NEWSポストセブン
ノーヘル走行が可能な電動キックボードだが……(イメージ、NurPhoto via AFP)
死亡事故が起きた電動キックボード なぜ「ノーヘルOK」にこだわるのか
NEWSポストセブン
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン