国内

小学校から消えたモノ 連絡網、ブルマー、家庭訪問、仰げば尊し

令和の学び舎はどう変わった?(イメージ)

令和の学び舎はどう変わった?(イメージ)

 コロナ禍の入学式は、校庭開催や来賓なしでの開催など、その様相を大きく変えた。ただ、それのみにとどまらず、令和の学び舎では保護者も驚く異変が次々と起きていた──。

 不審者対策のため、名札を廃止する小学校が増えている。クラスの連絡網も、住所や電話番号などの個人情報が漏れるので今は廃止され、連絡事項は一斉にメールで送られるようになった。

 体育では、10年以上前から女子のブルマーは廃止され、男子と同じハーフパンツになっている。理由は言わずもがなだ。

 子供の人権への配慮からあだ名も禁止され、男女平等の視点から、教師が生徒を呼ぶ際は男女とも「~さん」とし、名簿も男女別ではなく、男女混合になっている。

 都市部では、近隣住民への騒音への配慮と、生徒の自主性を高める目的でチャイムを廃止する学校もある。

「廃止に至らなくても『カーン』など1回だけ、始業と終業のどちらか一方だけ鳴らす学校が増えている」(千葉県の小学校教員で教員向けの著書などが多数ある城ヶ崎滋雄氏)

 子供の頃、「先生が家に来る!」とドキドキした家庭訪問も、今は玄関先で済ますのが主流だ。地方の中学校に勤めるベテラン教員はこういう。

「共働き世帯で対応できない親御さんも増えたため、家庭訪問そのものを廃止した学校もある。本来、家庭訪問は生徒の居宅の位置を把握し、緊急時にすぐ対応できるようにすることや、家の様子から親子関係をつかむことを目的としていた。親御さんも、学校の三者面談では話せないが、家では話せるということもあるので、大事な行事だと思うのですが……」

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン