• TOP
  • 芸能
  • 劇団四季『オペラ座の怪人』の幕が上がるまで 魅惑の舞台裏に迫る

芸能

2021.04.15 07:00  女性セブン

劇団四季『オペラ座の怪人』の幕が上がるまで 魅惑の舞台裏に迫る

aa

日本上演33周年を迎える『オペラ座の怪人』

 新劇場・JR東日本四季劇場〔秋〕で上演中の『オペラ座の怪人』が、4月に日本上演33周年を迎える。昨年10月のこけら落としからロングランを支え続ける舞台裏、セット細部、衣装部屋など、普段は絶対に見ることができない劇団四季のバックステージツアーにご案内します!

◆SET

 観客には見えない細部まで精巧に作られている舞台セットが魅力。オペラ座の大階段で『マスカレード』を熱唱するシーンは、キャストだけではなく20体の人形で“増員”させて迫力をアップさせている。あるキャストの両親が観劇した際に、人形をわが子と見間違えた……という逸話もあるほどリアル!

aa

大階段ではキャストと人形が共演

aa

オペラ座の怪人とクリスティーヌ

 客席からは一度も見えない、怪人の立ち位置からの貴重なアングル。楽譜も白紙ではなく音符が書かれている。燭台の蝋の流れるような溶け具合も見事な作りで、譜面の左横に置かれているのは怪人愛用の羽ペンで、実は怪人は“左利き”なのか!?という想像もふくらむ。

aa

客席からは一度も見えない、怪人の立ち位置からの貴重なアングル

aa

燭台の蝋の流れるような溶け具合も見事な作り!

aa

譜面の左横に置かれているのは怪人愛用の羽ペンで、実は怪人は“左利き”なのか!?という想像もふくらむ

関連記事

トピックス