国内

海外で接種制限のワクチンが日本に 打つ・打たないを決めるポイント

副反応とみられる報告が相次いでいるアストラゼネカ製のワクチンも国内では5月に承認の見通し(写真/アフロ)

副反応とみられる報告が相次いでいるアストラゼネカ製のワクチン。欧州では接種を中止する国も。国内では5月に承認の見通し(写真/アフロ)

 新型コロナウイルスのワクチンの一般向け接種が、4月12日から高齢者を対象としてスタートした。ワクチンさえ接種すればコロナはもう怖くない──そんな声も上がっているが、まだまだ考えるべきポイントはある。

「いまはまだ1種類だから議論が白熱していないですが、事情に明るい関係者は『どのメーカーのワクチンが安全か』という会話で盛り上がっています。知り合いの医師に『○○社製のワクチンを入手したら教えてくれ』と依頼する富裕層も多い」(医療関係者)

“いつ”自分が打てるのか、だけでなく、“どれを”自分が打つのかも考える必要があるということか。現在、日本で接種できるのは米ファイザー製のワクチンだけだが、5月頃には、新たに米モデルナ製と英アストラゼネカ製のワクチンが承認される見通しだ。

 世界各国でワクチン争奪戦が熱を帯びる中、アストラゼネカ製のワクチンが波紋を広げている。イギリス政府の4月7日の発表によると、同社製のワクチンを接種した79人に副反応とみられる血栓症が生じ、うち19人が死亡した。

 同社製のワクチンはすでに世界中で接種制限が相次ぎ、デンマーク、ノルウェー、カメルーンなどはワクチン接種を完全に中断し、オランダ、スペイン、ポルトガルは接種を60才以上に制限した。韓国も30才未満には接種しないことを決定している。こういった事態を受け、菅義偉首相は12日、「詳細な情報を収集し、承認の可否や使用条件を判断する」と述べた。

 今後、日本でも承認される可能性もあるアストラゼネカ製のワクチンについて、太融寺町谷口医院院長の谷口恭氏が指摘する。

「日本人はもともと血栓のリスクは高くないですが、肥満体形のかたや、女性でピルを服用されているかたなど血栓リスクのあるかたは避けた方がいいかもしれません」

 さらに日本ではまだ承認されていないが、今後ワクチン不足に陥った場合に入ってくる可能性のあるワクチンの中で新たな副反応が報告されているものがある。韓国が4月7日に承認をした、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が製造したワクチンだ。

 4月8日、米ノースカロライナ州で住民2300人にJ&J製のワクチンを接種したところ、18人に「強めの副反応」が生じ、なかには失神する人も現れた。このため、米疾病対策センター(CDC)と米食品医薬品局(FDA)は13日、接種を一時止めるように勧告した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン