• TOP
  • 国内
  • 紀州のドン・ファン事件 キーマンの元家政婦「これで私の疑い晴れた」

国内

2021.05.01 16:00  NEWSポストセブン

紀州のドン・ファン事件 キーマンの元家政婦「これで私の疑い晴れた」

事件は急展開を迎えた(亡くなった野崎幸助さんと須藤早貴容疑者)

事件は急展開を迎えた(亡くなった野崎幸助さんと須藤早貴容疑者)

“紀州のドン・ファン”と呼ばれた和歌山の資産家・野崎幸助さん(享年77)に、覚せい剤を摂取させ、急性覚せい剤中毒で死亡させた疑いで逮捕された、元妻の須藤早貴容疑者(25)。事件の当日、彼女と共に自宅にいたもうひとりのキーマンの重要証言が、週刊ポストの取材で明らかになった。

 その人物とは、野崎氏に20年以上付き添った家政婦のAさんだ。もともと東京で飲食業に携わっていたAさんは、野崎さんに請われる形で家政婦に。東京から月に10日ほど野崎邸に通い、そこで寝泊まりしながら掃除や料理など野崎さんの身の回りの世話をしていた。

 実は和歌山県警は、このAさんにも疑いの目を向けていた。

 野崎さんが亡くなった日、家にいたのは野崎さん、須藤容疑者、そしてAさんの3人。Aさんは夕食用に鍋料理を作った後、午後3~4時頃に外出し、午後7~8時頃に戻ってきた時には、野崎さんと須藤容疑者はすでに夕食を済ませた後だった。野崎さんは2階の寝室、須藤容疑者は1階の居間にいたという。しばらくして、Aさんは須藤容疑者と共に居間でテレビを観ていると、上から「ドーン、ドーン」と物音が聞こえ、須藤容疑者が2階に上がったところ、野崎さんが変わり果てた姿で見つかった。

「須藤容疑者とAさんは、野崎さんにとって文字通り“最後の晩餐”となったこの夜の出来事を知る立場にありました。Aさんも事件後、捜査員から何度も事情聴取、家宅捜査を受け、さらにウソ発見器にまでかけられています。県警が、重要参考人として見ていたのだと思われます」(全国紙社会部記者)

 ところが、そのAさんは須藤容疑者が逮捕された前後で、忽然と姿を消していたのだ。

「事件後はマスコミの取材に答え、『私は何もやっていない』『潔白を証明しないといけない』などと語っていました。今回も各社コメントをもらうためAさんに連絡を取ろうとしたのですが、携帯電話は解約され、住所も変わっていてどこもコンタクトが取れない状況です」(前出・全国紙社会部記者)

 行方知れずと見られているAさんだが、今はごく限られた人としか連絡を取らないようにしているのだという。最近、彼女と電話で話した人物が明かす。

関連記事

トピックス