芸能

“ゴリエ”復活が話題の芸人ゴリ 沖縄描く映画で監督としても高評価

10数年ぶりにCMにも登場した(2003年撮影。時事通信フォト)

10数年ぶりにCMにも登場したゴリエ(2003年撮影。時事通信フォト)

 久々に“ゴリエ”として地上波に登場したお笑い芸人・ゴリ(48)が話題を呼んでいる。一世を風靡した人気バラエティ番組『ワンナイR&R』(フジテレビ系)の終了から15年、彼はどのような活動を行なってきたのだろうか。その軌跡を追った。

 もともと役者を志し、日本大学芸術学部映画学科へと進学していたゴリ。だがお笑いの世界へと進むために中退すると、故郷・沖縄の中学時代に同級生だった川田広樹を相方に迎え、1995年にお笑いコンビ・ガレッジセールを結成した。

 2000年代に入ると、レギュラー出演していた人気バラエティ番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)や『ワンナイR&R』での活躍をきっかけにブレイク。とりわけ後者の番組内で演じたキャラクター“ゴリエ”は大きな反響を呼び、CDのリリースや雑誌でのモデル活動、さらにNHK紅白歌合戦への出場も果たすこととなった。

 だが次第に『ワンナイR&R』の視聴率は低迷し、2006年に番組が終了。『笑っていいとも!』のレギュラー出演も2009年で終えると、お茶の間で目にする機会は減少するようになっていった。

 一方、ゴリは当初志望していた役者としての活躍が増え、テレビドラマや映画で活躍するようになっていく。加えて、2009年には自身が監督を務めた初の長編映画『南の島のフリムン』が公開。興行的には振るわなかったものの、一部の映画人からは高く評価されていた。

 その後、2016年に製作した短編映画『born、bone、墓音。』で複数の映画賞を獲得すると、2019年には同作品を原案とした長編第2作『洗骨』を本名・照屋年之名義で発表。沖縄の離島に伝わる死にまつわる風習をテーマにした内容で、見事に日本映画監督協会の新人賞を受賞。名実ともに映画監督として認められる存在となった。

 そんな中、今年2月に“ゴリエ”としてYouTubeに登場したゴリ。『ワンナイR&R』時代に共演していたお笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之とコラボレーションを果たし、それぞれのYouTubeチャンネルで動画が公開されると大反響を巻き起こした。どちらもすでに200万回以上の再生回数を記録している。

関連キーワード

関連記事

トピックス