• TOP
  • スポーツ
  • 骨折の巨人・坂本「ヤンキース帽でディナー」東京五輪で揺れる胸中

スポーツ

2021.05.14 16:00  NEWSポストセブン

骨折の巨人・坂本「ヤンキース帽でディナー」東京五輪で揺れる胸中

出てきた

庶民派パスタ店を後にする坂本

 4月中旬の夜。都内の繁華街で、ミートソースパスタが680円という庶民派パスタ店から、見るからに屈強な男性3人が食事を終えて出てきた。ひときわ長身の男性は、パーカーに白のスニーカーとラフな服装で、被っているのはメジャーリーグの名門ニューヨーク・ヤンキースの野球キャップ。プロ野球の巨人の坂本勇人内野手(32才)である。

 昨シーズンの11月8日、プロ野球史上53人目の通算2000本安打を史上2番目の若さで達成。名球会入りを果たした。いまや名実ともに“日本プロ野球界の名手”の1人だ。今シーズンも、36試合消化時点(5月9日現在)で打率.299、本塁打7本となっている。

 その坂本に悲劇が襲ったのが5月9日のヤクルト戦。5回、一塁走者として、捕手からのけん制に対しヘッドスライディングで帰塁したところ負傷。右手母指(親指)末節骨の骨折が判明した。

 あるスポーツ紙記者は「チームにとっても痛手ですが、何より本人がつらい。坂本選手は東京五輪での日本代表・侍ジャパンの金メダルを誰よりも欲していた。2019年に野球の世界大会『プレミア12』で野球人生初の世界一を達成してから、その思いは増々強くなっていたんです」と解説する。

 以前から坂本本人も「現役の間に東京で五輪が行われて、野球が五輪競技に復活とすごいタイミング。ずっと出たいと思っているし、最高の瞬間に現役の選手でいられるのはすごくありがたい」と、並々ならぬ思いを公言している。

 開幕直後にも、前巨人監督の高橋由伸氏(46才)からは「年齢的にもポジション的にも、坂本がかつての宮本慎也(50才)になれるか」と、2000年代の五輪とWBC(ワールドベースボールクラシック)で日本代表主将を務めた名キャプテンの“後継”に指名された。何よりも、侍ジャパンの稲葉篤紀監督からも常々「五輪のキーマンは坂本」と期待されている。

関連記事

トピックス