芸能

嵐20周年ツアー「ライブ映画」カメラの数は通常の倍以上で迫力満点

活動休止後もファンとSNSでつながっている

映画化された嵐のデビュー20周年ツアーは迫力満点

「嵐!嵐!嵐!嵐!嵐!」。アンコールが終わってもファンの歓声は鳴りやまない。すると、それに応えるかのようにメンバー5人がサプライズ登場し──。2019年12月23日、その日のライブは特別だった。どの角度からもすべての瞬間を記録しようと、120台以上のカメラが5人の姿を追い続けた。

「あの収録がどうなったのか、気になっていたので、本当にうれしいです」と声を弾ませるのは熱心な嵐ファンだ。

「先月、(松本)潤くんがブログで、“近々いい発表がある”と明かしていたのは、この映画のことだったのですね。本当にいいニュースです!」

 2018年11月から2019年12月まで行われた嵐のデビュー20周年ツアー。その模様が収録された映像が『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM“Record of Memories”』として、映画化されたことが発表された。

「ジャニーズ事務所初のライブ映画です。作品は6月に開催される『第24回上海国際映画祭』への出品が決まっていて、初上映は現地で行われます」(芸能関係者)

 この「5×20」ツアーの様子は、すでにDVDなどになっている。セットリストも同じだが、DVDとは大きく異なるのは、映画のために行われた『シューティングライブ』の映像だということだ。

「わかりやすく言うと、映画を撮影するためのライブにお客さんを入れた形です。通常のライブ収録の倍以上というカメラの台数の多さ、5人との距離の近さもさることながら、ドローンも多用しているので、迫力満点の作品になっています」(前出・芸能関係者)

 その迫力を、一部のファンは一足先に実感していた。その日、5万2000人が観客席に詰めかけていた。

「ファンは撮影が入ることは知っていたが、映画化の企画は伝えられていませんでした。ライブ内容についてもSNSなどに書いてはいけないというルールがあったそうで、ファンの間では“伝説化”されていた」(芸能リポーター)

 ライブ関係者が明かす。

「その日、5人とファンのコール&レスポンスはいままででいちばん、一体感がありました。メンバーの興奮が客席にも伝わってきて、普段の東京ドーム公演より3000人少ない観客でしたが、それに負けない歓声でした」

 もう1つファンを喜ばせたのが、監督が堤幸彦さん(65才)だったこと。堤監督は、嵐の初主演映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』や二宮和也(37才)の主演ドラマ『Stand Up!!』(TBS系)や舞台などを通じて、嵐との信頼関係を築いてきた。その堤監督は今回の作品を、多くのライブ映像を撮ってきたなかで「最高峰」と位置づけている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
幼稚園をご訪問され、子供たちに声を掛けられた天皇陛下
天皇皇后両陛下が幼稚園をご訪問 工作の様子を見守られ「どんなものができるのかな」と笑顔で声をかけられる場面も
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
スキャンダル写真で芸能界を震撼させた『BUBKA』
《90年代アイドルを震撼させた月刊誌『BUBKA(ブブカ)』》の創刊編集長が急死していた スキャンダル写真で物議「スクープ100万円」「複数訴訟」の全盛期
NEWSポストセブン
新しいヘアースタイルの大谷翔平
《大谷翔平の新ヘアスタイル》“切ってもらうと成績が向上する”と評判の美容師が担当 ソウルで水原被告と一緒にカット、料金は大谷が支払う
女性セブン
全国赤十字大会ではスピーチに目を潤ませる場面もあった(4月、東京・千代田区。写真/JMPA)
『虎に翼』を楽しんでいらっしゃる雅子さまと愛子さま 女性天皇への期待高まるなか、揺れるお立場に「日本初の女性弁護士の物語」を重ねられて
女性セブン
女子ゴルフ界の新星として注目を集める清本美波
【プロテストでトップ合格】女子ゴルフ界の新星・清本美波、女子大生と二足のわらじを履く18歳「目標はタイガー・ウッズ」
週刊ポスト
フリーになるも苦戦が続く上重聡アナ
《超大型連休続く?》元日テレ・上重聡アナ、「交渉しまして」古巣復帰の苦境 根強い“利益供与問題”のイメージ、自虐ネタに活路か
NEWSポストセブン
詐取の疑いで逮捕された元宝塚“大滝子”こと光原エミカ(HPより)
《『水ダウ』ざます企画に出演》元宝塚・月組トップスターが現金1000万円詐取の疑いで逮捕「ディナーショーが8万円に値上がり」ファンが察知した違和感
NEWSポストセブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン