芸能

朝ドラ『おかえりモネ』で注目 2人の『全裸監督』出演女優

『おかえりモネ』の女性キャストに注目(写真は清原果耶/時事通信フォト)

『おかえりモネ』の女性キャストに注目(写真は清原果耶/時事通信フォト)

 清原果耶主演のNHK朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』が5月17日にスタート。初回視聴率は杉咲花主演の前作『おちょやん』を上回る19.2%だった。気象予報士の資格を取得したヒロイン・百音が上京し、経験を積むなかで故郷・気仙沼の役に立ちたいと奮闘する姿を描く青春物語だが、映画評論家の秋本鉄次氏はその女性キャストの面々に驚いたという。

「ヒロインの母役が鈴木京香、亡くなった祖母役は竹下景子、テレビ局デスク役は高岡早紀と、過去に体当たりの濡れ場を演じてきた女優ばかり。“朝ドラっぽくない”キャストが並んでいるのが逆に面白い」

 朝ドラは若手女優の登竜門だが、秋本氏は今作で2人の女優に注目しているという。

「百音の親友役を演じる恒松祐里と上京後の先輩役・森田望智です。2人の共通点はAV界の革命児である村西とおる監督の半生を描いたドラマ『全裸監督』(ネットフリックス)でAV女優役を熱演していることです。

 森田はシーズン1のヒロイン・黒木香を、恒松は続編のヒロイン・乃木真梨子役を演じている。森田はホラ貝を吹きながら情事に及ぶシーンで注目を浴びました。恒松も6月24日配信開始のシーズン2で大胆な濡れ場に挑戦していると言われています。朝ドラ女優が同クールスタートの作品で濡れ場を演じているのは稀で、ネットフリックスの勢いそのままに、朝ドラが『全裸監督』に“乗っ取られた”と言えますね」

『全裸監督』のモデルとなった村西とおる氏は恒松と森田にエールを送る。

「全世界の方々にご鑑賞いただいた手前どもの半生記『全裸監督』にご出演なされたお二人が、朝ドラにも出ておられることは『みなさまのNHK』らしい全方位キャスティングと恐れ入ってございます。森田様、恒松様には日本のみならず世界で羽ばたいていただきたいものよと、股間と期待を膨らませております」

 2人の演技から目が離せない。

※週刊ポスト2021年6月4日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン