ビジネス

ロイヤルHD会長「外食事業が大打撃でもロイヤルホストは復活する」

ロイヤルHDは今の苦境をどう乗り越える?(写真は菊地唯夫・会長)

ロイヤルHDは今の苦境をどう乗り越える?(写真は菊地唯夫・会長)

 コロナ禍で苦しむ外食産業。ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」や天丼チェーン「てんや」などを展開するロイヤルホールディングスも苦境に立たされている。日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)出身で、破綻当時に頭取秘書として修羅場を経験した菊地唯夫・会長(55)は、この状況をどう乗り切ろうとしているのか。

──平成元年(1989年)当時は何をされていましたか。

菊地:私は1988年に日本債券信用銀行に入行しました。当時、日債銀は採用人数が少ない割に留学生をたくさん派遣していました。同期が少なければ若い時から留学を含め、様々な経験を積めるチャンスがあるのではないかという期待が大きかったですね。

 入社後は名古屋支店に配属となり、預金や融資を担当しました。当時はバブル経済が華やかな頃でしたが、東京や大阪に比べて名古屋はそれほど浮かれてはいませんでした。トヨタ自動車さんをはじめ製造業が集まる土地柄ですので、堅実だったのかもしれません。

──その後、希望が叶って1991年から2年間フランスに留学されます。

菊地:1993年に帰国した時の衝撃は大きかったですね。日本はバブルが崩壊し、大変な世の中になっていました。

 国際営業企画部や総合企画部で仕事をした後、1997年に当時の東郷重興頭取の秘書となりました。翌1998年に日債銀は経営破綻しますが、頭取の苦悩や会社が終焉する過程を目の当たりにしたことは、その後の人生で大きな糧になりました。

──その後、ドイツ証券会社を経て2004年にロイヤル(現・ロイヤルホールディングス)に執行役員総合企画部長として入社する。なぜ金融の世界から外食に?

菊地:行く行くは実業に携わりたいと思っていました。日債銀時代の上司が、ロイヤルのアドバイザー的な仕事をしていたことも大きかったですね。

 当時のロイヤルはカリスマ創業者と言われた江頭匡一(2005年死去)が一線を離れ、トップダウン型からボトムアップ型経営に移行する過渡期でした。近代的な組織にしていくために、私もチームに入ってほしいと誘われました。

 企画部では「天丼てんや」のテンコーポレーション、全日空の機内食事業「福岡ケータリングサービス」、英国風パブ「ハブ」などのM&Aを手掛けました。

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン