芸能

大塚寧々、コロナ禍で「夕飯、当番制にしよう!」宣言 そのとき家族は?

コロナ禍での暮らしについて語った大塚寧々さん

コロナ禍での暮らしについて語った大塚寧々さん

 最近ではドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)での黒澤部長の妻役など、数々の話題作で活躍している女優・大塚寧々さん(52歳)。50代になってますます輝きを増す大塚さんがこのほど、新しくオープンした大人女性のためのWebサイト『8760 (ハチナナロクマル)by postseven』で初の連載エッセイ「ネネノクラシ」をスタートさせた。日々の暮らしで感じたことを気ままに綴っている大塚さん。このコロナ禍で暮らしや価値観、家族との関係はどのように変化したのだろうか――。

――コロナ禍ではどんなことに気をつけて生活していますか?

大塚:義父も母も高齢なので、感染対策にはすごく気をつけています。友達にも会ってないです。外に出るのは仕事や必要な買い物、犬の散歩ぐらいで、ほとんど家にいますね。

――コロナ禍で、価値観や家族関係の変化、家族の新たな発見などはありましたか?

大塚:もともと我が家は外食の回数があまり多くなかったので、コロナ禍だから、ご飯を作る回数がすごく増えたわけでもないんです。そういう意味ではあまり変わっていないのかな。

 あ、でも一度、「夕飯、当番制にしよう宣言」をしたんです。緊急事態宣言中で、家族みんながずっと家にいるじゃないですか。その中で私だけが掃除して、洗濯して、料理まで3食作って。一人忙しくて、「え? ちょっと待って、なんで?(笑い)」って思ったんです。

 それで「夕飯は当番制にします」って宣言したら、みんな「えっ!?」って驚いて(笑い)。「作れない人は、納豆ひとつでもソーセージだけでもいい! その代わり、その日の夕食はそれだけ。各自が責任持ってくださ~い」って言いました。

家族が作る料理に意外な一面を発見

――ご家族はどう動かれたんですか?

大塚:実際やってみたら、今までほとんど料理をしなかった大学生の息子も作っていました。私にはない発想だったりするので面白かったし、意外においしかった! 息子が作る料理は、マヨネーズ入れるものが多かったですね。「この料理にマヨネーズ入れるんだ!」なんて意外な発見もありました。

 主人は、炊き込みご飯が好きなんだっていう発見もありました。土鍋で一生懸命、ご飯を炊いていましたよ。でもなぜかあっという間にその宣言は終わってしまって、結局また私が作っています(笑い)。

――他にも生活の変化はありましたか?

大塚:コロナ禍の生活でいちばん変わったのは、庭のハーブが増えたことかもしれないです。ミント、ディル、大葉、ねぎ、ちんげん菜……ほとんど食べる系ですね(笑い)。

 ミントは生春巻きとかに入れたり、サラダ感覚で。ねぎは重宝します。あとはトマトやパクチー、バジル、山椒……。木の芽もあるので、たけのこ料理を作っているときに、わざわざスーパーまで行かなくても、庭先で「ピッ」っと取ればいいので楽ですね。

――“寧々流”ステイホームの楽しみ方は?

大塚:いちばん困ったのは、友達に会えないこと。それまでもそんなに頻度が多かったわけではないのですが、それでも定期的に会って、しゃべって、飲んで楽しんでいたので、それができなくなったことはつらいと言えばつらいですね。

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン