国内

ワンカップ大関、かっぱえびせん…東京五輪1964年誕生のヒット商品

 東京五輪2020の開催予定日が目前に迫っているにもかかわらず、新型コロナウイルス収束の気配はなく、開催を再延期すべきだという声も多い状況が続いている。多くの人に歓迎されて開催されるのがオリンピックの理想だが、残念ながらそうはなっていないのだ。

 一方、大歓迎のなかで開催されたのが、1964年の東京五輪だ。当時、日本は戦後の高度経済成長に差し掛かったところで、東京五輪がその発展に拍車をかけた。そして、1964年には、多くのヒット商品も続々と登場したのだ。

 高度経済成長期でモノが豊富になり、量よりも質を重視した商品が登場。『かっぱえびせん』や『ワンカップ大関』など、現在でも販売されているロングセラー商品が多いのも特徴だ。

 また、エスビー食品の「インド人もビックリ」やカルビーの「やめられない、とまらない」など、印象的なフレーズのCMや、当時ブームだったシール、ワッペンなどのおまけ付き商品が、子供だけでなく大人も魅了した。

 1964年に登場した、代表的なヒット商品を紹介する。

●森永製菓『ハイクラウンチョコレート』

ハイクラウンチョコ(写真提供/森永製菓)

たばこ風の箱が印象的だったハイクラウンチョコ(写真提供/森永製菓)

 外国たばこ風のおしゃれなパッケージと、本格派の味で人気を博した高級チョコレート。当時1箱70円。

●カルビー『かっぱえびせん』

かっぱえびせん

かっぱえびせん(写真提供/カルビー)

「やめられない、とまらない♪」のCMでおなじみのスナック菓子。“かっぱあられ”シリーズの最後の商品として発売され、日本を代表するお菓子の1つに。当時50円。

●ロッテ『ガーナミルクチョコレート』

 ロッテ初のチョコレートとして発売された商品。まろやかな口溶けと、真っ赤なパッケージが話題を呼んだ。当時30円。

●不二家『ネクター』

ネクター

ドロっとした濃厚さがあったネクター(写真提供/不二家)

 果実をまるごと裏ごしした濃厚な味わいが人気のネクター。当時はふたに付いていた金具で穴を開けて飲んでいた。当時60円。

●大関『ワンカップ大関』

初の一合瓶

一合瓶入りでヒット(写真提供/大関)

 初の一合瓶(180ml)入りカップ酒として、東京五輪の開会に合わせて発売。いつでもどこでも飲める手軽さで人気に。当時85円。

●サントリー『サントリーウイスキーレッド』

 1930年に発売されたものの製造中止となっていた「赤札」を、「レッド」の名前で再発売。いまでは定番商品に。当時720mlで500円。

●ニッカウヰスキー『ハイニッカ』

 2級ウイスキーでも、特級や1級に負けない品質と、当時500円という手頃な価格で大人気に。“ハイ”はオーディオ用語の“ハイファイ”が語源とされている。

●丸美屋食品工業『のりたま』

当時は

1964年にヒット。ふりかけの定番となった(写真提供/丸美屋食品工業)

 ふりかけの定番『のりたま』(1960年発売)に、1964年2月、エイトマンシールを封入した商品が登場して大ヒット。当時30円。

●味の素『クノールスープ』

 ドイツ生まれの『クノールスープ』が登場。日本の食卓に初めて洋風スープがもたらされた。第1号は鍋で調理するタイプで、定番のコーンスープはまだなかった。

●エスビー食品『特製ヱスビーカレー』

「インド人もビックリ」のキャッチフレーズで一世を風靡した固形タイプのカレールウ。当時のCMでは、芦屋雁之助がインド人に扮していた。当時1箱50円。

●寺西化学工業『ラッションペン No.300』

“?”マークでおなじみのマジックインキに、初の水性インキ『ラッションペン』が登場。水性なのに水に流れにくい新機能が画期的だった。当時30円。

●ライオン『デンターライオン』

 歯槽膿漏予防として発売された歯磨き粉。その後、当時なじみのなかった歯槽膿漏について訴求したCMが話題を呼び、ロングセラー商品に。当時95g120円。

●十條キンバリー(現・日本製紙クレシア)『クリネックス ティシュー』

 日本初の箱入りティッシュペーパーとして発売されたのが、『クリネックス ティシュー』(同年『スコッティ』も発売に)。当時は1箱売りで、価格は100円。

取材・文/北武司

※女性セブン2021年6月10日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン