• TOP
  • 芸能
  • 岡村隆史 ウーバー配達員に300円のチップを弾んで「神」の称号

芸能

2021.06.03 07:00  週刊ポスト

岡村隆史 ウーバー配達員に300円のチップを弾んで「神」の称号

ナイナイ岡村はウーバー配達員から好評判だという

ナイナイ岡村はウーバー配達員から好評判だという

 長引く自粛生活で利用者が増えている料理宅配サービス「ウーバーイーツ」。緑のロゴ入りのバッグを担いだ自転車姿の配達員は、いまや馴染みの光景となったが、今、彼らの間で“神”と崇められる存在がいる。ナインティナインの岡村隆史(50)である。

 都内でウーバーの配達員をしている20代男性が語る。

「岡村さんはタワーマンションに住んでいて、よくウーバーを注文してくれる上客として評判です。無言のやり取りが多い中、岡村さんはエントランスのインターフォンを鳴らすといつも『はーい』と開けてくれます」

 評判がいい理由はそれだけではない。

「ウーバーには配達料のほかに、任意で配達員にチップを渡せる仕組みがあるんですが、100人に1人くらいしか渡す人がいない中、岡村さんは毎回必ず300円くらいの高額チップを弾んでくれる。時間帯などにもよりますが、1回の配達料がだいたい300円くらいだから、チップで倍稼げることになる。

 配達が完了した後に配達員を評価する仕組みもあるんですが、これもスルーするお客さんが多いのに、岡村さんは必ず高評価を押してくれる。近所の配達員仲間の間では、『岡村神』と呼ばれています」(同前)

 岡村はかねて、ウーバーイーツ愛好者を自任しており、ラジオでは「独身時代は朝昼晩すべてウーバーイーツだったこともある」と語っていた。

 昨年10月に12歳年下の妻と結婚して以降は使用頻度が減ったのかと思いきや、

「今でもしょっちゅう注文があります。1人前だけの配達も多いので、1人で在宅の時に頼んでいるのでしょうか」(同前)

 4月中旬には『女性セブン』に妻との仲睦まじい韓国料理デートの様子を撮られており、新婚生活は順調なようだ。配達員にも幸せを分けてあげているのか。

※週刊ポスト2021年6月11日号

関連記事

トピックス