• TOP
  • 芸能
  • 「文化の子」と呼ばれたすみれ「父親を反面教師に」今や石田家の良心

芸能

2021.06.08 16:00  NEWSポストセブン

「文化の子」と呼ばれたすみれ「父親を反面教師に」今や石田家の良心

スタイリッシュな私服姿のすみれ

スタイリッシュな私服姿のすみれ

 程よく焼けた健康的な肌に、さらさらロングヘア、175cmのスラリとした健康的な美ボディとともに笑顔を振りまくのは、モデルのすみれ(30才)だ。5月下旬、仕事終わりの彼女は、マスク越しでも伝わる笑顔で、上機嫌に帰りの車に乗っていった。

 この1年は、すみれにとっても気苦労の多い1年だった。昨年4月に父の石田純一(67才)の新型コロナウイルス感染が発覚すると、すぐに公式インスタグラムで「驚きと不安、悲しみと心配でいっぱいです」とコメントした。

 しかし、石田は回復後にも、緊急事態宣言下にもかかわらず、何度も飲みに出歩いたりと、非常識な行動を繰り返し、世間からは大批判を浴び続けた。あるすみれの知人は「最初は、石田さんの病を心配していたけれど、度重なる無責任な行動に、途中からはすみれさんも呆れ果てていました。娘として肩身も狭かったようです」と話した。

 振り返ると、ずっと父に振り回されてきた半生である。

 すみれが6才の幼稚園時代に、石田は「不倫は文化」発言で大バッシングを受けた。当時、小学校受験中だったすみれは「お受験のときにちょうど記事が出ちゃって、入学できなかったんです」と明かしている。

 公立の小学校に入学も、「不倫は文化の子」とイジめられる日々。不倫の意味が分かってからは、長い間、父を避けるようになった。両親の離婚後は、母の松原千明(63才)に連れられて、ハワイに移住。高1だった2006年からモデルとしてデビューすると、途中から休業をして米国の大学にまで進学した。

 2014年からは、流ちょうな英語力を生かして、ハリウッドにも進出。映画『アベンジャーズ』や『スパイダーマン』シリーズのブランド「マーベル」の人気ドラマ『インヒューマンズ』にまで出演するほど、活躍してきた。

関連記事

トピックス