• TOP
  • 芸能
  • 『おかえりモネ』支えるベテラン、“名人芸”見せる2人の役者

芸能

2021.06.11 07:00  NEWSポストセブン

『おかえりモネ』支えるベテラン、“名人芸”見せる2人の役者

存在感が光る、でんでん

存在感が光る、でんでん

 清原果耶主演で5月からスタートした連続テレビ小説『おかえりモネ』(NHK)。豪華出演者たちも話題を集めているが、コラムニストのペリー荻野さんが注目するのは、意外な2人の役者である。地味に存在感を見せる2人の役者についてペリーさんが解説する。

 * * *
 そんなわけで、朝ドラ『おかえりモネ』では、主人公のモネこと百音(清原果耶)は、仕事をしながら、気象予報士に興味を持って勉強を始めたり、祖母の初盆に気仙沼に帰省して幼なじみたちと再会したりと忙しく過ごしている。

 このドラマを見て、最初に思ったのは、キャストがとても豪華ということだ。なにしろ、モネの両親は、母が朝ドラ『君の名は』のヒロイン鈴木京香、父は大河ドラマ『風林火山』主演の内野聖陽。祖母は昨年、BSプレミアム『70才、初めて産みますセブンティウイザン』出演で話題を集めた竹下景子、祖父は73歳のときBSプレミアム『かぶき者慶次』に主演した藤竜也、下宿先の主も朝ドラ『カーネーション』でヒロインの晩年を演じた夏木マリ、あこがれの気象キャスターは西島秀俊。連ドラの主役経験者たちが、若きモネを盛り立てる。

 だが、主役級俳優だけが光っているわけではない。このドラマには、私が勝手に認定した名人、日本一が二人出演しているのである。

 名人その一は、でんでん。モネが勤務する登米の米麻町森林組合の参事である川久保博史(でんでん)は、ぶらりと事務所に現れて、朝から声がガラガラさせてる課長(浜野謙太)に「山主さんと飲み過ぎただけだべ」と言ったりする。見事な山のおじさんだ。

その役作りに欠かせないのは、何気なく被った「組合帽」。似合う。似合い過ぎると言いたい。長靴もセットにすれば最強だ。思い返せば、『あまちゃん』の漁協組合長・長内六郎役のときも組合帽がぴったりしていた。でんでんは「日本一組合帽が似合う俳優」と言ってもいいと思う。なお“組合帽”とは私が勝手に言ってる言葉で正式名称ではないです。が、実際に「農協帽子コレクター」もいるとのことなので、その筋の方々からみると、でんでんはあこがれの人なのではないかと?

 もうひとりの名人は、大島蓉子。森林組合の近所のおばちゃん吉田みよ子(大島)は、いつも明るく、行事があるとエプロン姿で率先して手伝いにやってくる。林間学校でやってきたこどもたちには、野菜を煮込んだ汁に練った小麦粉をほいほいとちぎって地元名物の「はっと汁」を作って、「みよ子さんの妙技」と注目され、美味いといわれると「ああ、いかったー」とうれしそう。その頭にはしっかり鉢巻きが。すごく似合っている。

関連記事

トピックス