国内

飛び込み死のJOC職員 20年以上前から「五輪の縁の下の力持ち」だった

ワクチン接種率、選手村の衛生管理、パブリックビューイングなど開催まで問題は山積み(共同通信社)

ワクチン接種率、選手村の衛生管理、パブリックビューイングなど開催まで問題は山積み(共同通信社)

 6月7日午前9時20分頃、都営浅草線中延駅(東京・品川区)のホームで男性が飛び込み自殺を図った。死亡したのは日本オリンピック委員会(JOC)の経理部長、森谷靖さん(享年52)。森谷さんと同じ列で電車を待っていた客が当時の様子を語る。

「亡くなられた男性は、最後尾の車両位置で電車を待っていました。後ろから2番目の扉の場所に2列で整列していて、男性は先頭の右側。黄色いブロックの内側に立っていましたし、独り言をぶつぶつ言ったり、ソワソワしたりすることもなく、特に変わった様子はありませんでした。

 普通のビジネスバッグより少し小ぶりの茶色のバッグを左手に持っていました。電車が到着するアナウンスがあった後、そのバッグをそっと自分の左足元に置き、ゆっくりと前に進んでそのままの流れで飛び込んだのです。勢いよく飛び込むというよりは、直立状態のままスッと静かに視界から消えた感じでした……。一瞬かつ静かな出来事で、同じ列に並んでいた人でも、スマホを見ていた人なんかは、なぜ電車が急停車したのかわからない人もいたほどでした」

 あまりに突然の出来事で、駅のホームはパニックにすらならなかったという。

関連キーワード

関連記事

トピックス