芸能

共演女優が語る、佐藤二朗の魅力「傷の痛みを知っている優しい鬼」

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

 6月12日から放送開始したテレビドラマ『ひきこもり先生』(NHK総合)で主演を務めるほか、自身が原作・脚本・監督を務めた6月4日公開の映画『はるヲうるひと』も話題を呼んでいる才人・佐藤二朗(52)。その魅力について、同映画に出演している女優・笹野鈴々音(ささの・りりね)が語った。

 広告代理店に勤務していた1996年に劇団「ちからわざ」を立ち上げ、本格的な演劇活動をスタートさせた佐藤二朗。2000年代に入るとテレビや映画で活躍の場を広げ、コミカルな役柄からシリアスな役柄まで演じ分ける実力派として世間に知られるようになっていった。

 すでに人気バイプレイヤーとしての地位を確立していた2008年には、連続ドラマ『拝啓トリュフォー様』(テレビ朝日系)でフリーのドラマ監督役で初の地上波主演の座を獲得。同年には初監督作品であり自身が脚本・主演を務めた映画『memo』も公開され、湯布院映画祭で特別上映作品として招待されるなど話題を呼んだ。

 そんな佐藤二朗が監督を務めた2作目の映画が『はるヲうるひと』だ。劇団「ちからわざ」による2009年の舞台作品を原作とした映画で、架空の島の売春宿で生きる男女の姿とささやかな幸福をサスペンス風のタッチで描く。主演を務めるのは俳優の山田孝之で、主人公の腹違いの兄役で佐藤二朗も出演する。

 同映画に出演し、原作となった劇団「ちからわざ」の公演にも出演した女優の笹野鈴々音は、佐藤二朗の魅力についてユーモアを交えながらこのように語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン