芸能

共演女優が語る、佐藤二朗の魅力「傷の痛みを知っている優しい鬼」

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

 6月12日から放送開始したテレビドラマ『ひきこもり先生』(NHK総合)で主演を務めるほか、自身が原作・脚本・監督を務めた6月4日公開の映画『はるヲうるひと』も話題を呼んでいる才人・佐藤二朗(52)。その魅力について、同映画に出演している女優・笹野鈴々音(ささの・りりね)が語った。

 広告代理店に勤務していた1996年に劇団「ちからわざ」を立ち上げ、本格的な演劇活動をスタートさせた佐藤二朗。2000年代に入るとテレビや映画で活躍の場を広げ、コミカルな役柄からシリアスな役柄まで演じ分ける実力派として世間に知られるようになっていった。

 すでに人気バイプレイヤーとしての地位を確立していた2008年には、連続ドラマ『拝啓トリュフォー様』(テレビ朝日系)でフリーのドラマ監督役で初の地上波主演の座を獲得。同年には初監督作品であり自身が脚本・主演を務めた映画『memo』も公開され、湯布院映画祭で特別上映作品として招待されるなど話題を呼んだ。

 そんな佐藤二朗が監督を務めた2作目の映画が『はるヲうるひと』だ。劇団「ちからわざ」による2009年の舞台作品を原作とした映画で、架空の島の売春宿で生きる男女の姿とささやかな幸福をサスペンス風のタッチで描く。主演を務めるのは俳優の山田孝之で、主人公の腹違いの兄役で佐藤二朗も出演する。

 同映画に出演し、原作となった劇団「ちからわざ」の公演にも出演した女優の笹野鈴々音は、佐藤二朗の魅力についてユーモアを交えながらこのように語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ハワイの別荘と合わせて、真美子夫人との愛の巣には約40億円を投資
【12億円新居購入】大谷翔平、“水原一平騒動”で予想外の引っ越し 日系コミュニティーと距離を置き“利便性より静けさ”を重視か
女性セブン
早くも今夏から『SHOGUN 将軍』新シーズンの脚本に取り掛かるという(写真/CNP=時事)
【独占告白】真田広之と手塚理美の次男・日南人が俳優に 父からのエール「自分のやりたいことをやれ。何かあれば相談に乗る」
女性セブン
不倫疑惑に巻き込まれた星野源(『GQ』HPより)とNHK林田アナ
《星野源と新垣結衣が生声否定》「ネカフェ生活」林田理沙アナが巻き込まれた“不倫疑惑”にNHKが沈黙を続ける理由 炎上翌日に行われた“聞き取り調査”
NEWSポストセブン
若き日のダルビッシュ有を知る指導者たちからの証言(写真=USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
歴代指導者が語るダルビッシュ有「日米通算200勝」までの道程 中学時代から練習の目的を理解、大きく成長した日ハム時代の中継ぎ経験
週刊ポスト
主犯の十枝内容疑者
【青森密閉殺人】会社社長の殺人を支えた元社員は覚醒剤常習者「目がイッちゃって…」「人を殺すなら中国人に頼めば5〜6万円で跡形もなく……」の意味深発言
NEWSポストセブン
政治とカネの最大タブー「官房機密費」
【政治とカネ問題の“最大の聖域”】『官房機密費』の決裁権を持つ元官房長官が核心証言「選挙の陣中見舞いに使った」
週刊ポスト
亡くなったことがわかったシャニさん(本人のSNSより)
《ボーイフレンドも毒牙に…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の死亡が確認「男女見境ない」暴力の地獄絵図
NEWSポストセブン
長男・正吾の応援に来た清原和博氏
清原和博氏、慶大野球部の長男をネット裏で応援でも“ファン対応なし” 息子にとって雑音にならないように…の親心か
週刊ポスト
殺人を犯すようには見えなかったという十枝内容疑者(Facebookより)
【青森密閉殺人】「俺の人生は終わった」残忍な犯行後にキャバクラに来店した主犯格の社長、女性キャストが感じた恐怖「怒ったり、喜んだり感情の起伏が…」近所で除雪手伝いの裏の顔
NEWSポストセブン
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
殺害された谷名さんの息子Aさん
【青森密閉殺人】手足縛りプラスチック容器に閉じ込め生きたまま放置…被害者息子が声を絞り出す監禁の瞬間「シングルで育ててくれた大切な父でした」
NEWSポストセブン