ライフ

1971年11月23日、幻の「ポルノ解禁」騒動を改めて振り返る

日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が…(写真はイメージ)

日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が…(写真はイメージ)

 欧米でポルノ解禁の嵐が吹き荒れていた1970年代初頭。日本でもポルノおよびヘアが解禁されるのではないかという噂が囁かれた。しかも1971年11月23日に解禁されると日にちまで特定されていたのだから信憑性もあった。

 この時期、日本でも以前に比べて、猥褻に関しての取り締まり基準が緩くなってきていたこともあり、解禁の噂を信じて色めき立った映画会社や出版社も多かった。中にはそれまで禁じられていたアメリカのポルノ写真集を輸入しようと手はずを整えていた業者までいたほどである。

 結局、これはデマであることがわかり、11月23日は何事もなく終わった。しかしポルノを解禁しないのは欧米に比べて遅れているのではないか、という意見は根強く残った。サブカルチャー誌の雄として知られる『スタジオ・ボイス』(流行通信)が1977年に「陰毛解禁運動」なる連続企画を掲載していたのは正にその象徴だろう。

 美輪明宏、フランソワーズ・モレシャン、立木義浩、四谷シモンといった文化人が猥褻規制や陰毛解禁について語っていくこの企画、なんと1年にわたって連載されたのだから、同誌の陰毛解禁に対する思い入れの強さが感じられる。

 この特集の第1回の前文にはこう書かれている。

「陰毛表現一つを取り上げてみてもこの現在の日本の表現の自由における状況は、どんなに閉そく的であるかは、これから記していくことから明らかになるだろう。(中略)日本はこのままでは、文化的鎖国状態になってしまうだろうから……」

 陰毛を語ることが表現の自由を語ることだった、そんな時代があったのである。

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン