• TOP
  • 国内
  • 辻政信の最後の足跡を追った外交文書が明かす「失踪の真実」

国内

2021.06.29 07:00  NEWSポストセブン

辻政信の最後の足跡を追った外交文書が明かす「失踪の真実」

ラオスのプーマ殿下の証言を伝える外交公電(外交史料館所蔵、前田啓介氏提供)

ラオスのプーマ殿下の証言を伝える外交公電(外交史料館所蔵、前田啓介氏提供)

 戦後まもなく発表された手記『潜行三千里』や『ノモンハン』が70年近い歳月を経て復刻され、話題となっている元陸軍参謀・辻政信——(前者は『潜行三千里 完全版』、後者は『ノモンハン秘史 完全版』と改題して毎日ワンズ社から刊行)。

 辻は戦時中に「作戦の神様」と称賛された一方、戦後は「悪魔の参謀」「絶対悪」とまで非難された。その毀誉褒貶の激しい軍人としての経歴もさることながら、手記を発表すれば年間トップ10に2冊がランキングされるほどのベストセラー作家となり、さらに総選挙に電撃出馬すれば地元の石川一区でトップ当選、参議院に鞍替えしても全国区3位で当選するなど、話題に事欠かなかった。

 だが、そんな波瀾に富んだ人生を自ら断ち切るかのように、辻政信は単身、視察に入った東南アジアのラオスで失踪した。あまりに謎が多すぎる海外渡航だったが、その足跡を現地の日本大使館員らは必死で辿っていた。

 当時、それらの追跡記録は「極秘」扱いで、非公開とされていた。だが、外交文書は原則として作成から30年が経過すると公開される。辻政信の失踪に関する公文書も、外務省の外交史料館に保管されており、今では所定の手続きを踏めば閲覧が可能になっている。

 読売新聞文化部の前田啓介記者は、著書『辻政信の真実』の中で、その外交文書を詳しく検証している。

関連記事

トピックス