ライフ

【書評】『フクシマ戦記』80年代から続く日本の「負け戦」の本質とは

『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』著・船橋洋一

『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』船橋洋一著

【書評】『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』/船橋洋一・著/文藝春秋/各2310円
【評者】関川夏央(作家)

 福島第一原発の激甚事故から十年。まがまがしく黒い大津波、帰宅難民の長い列、それから原発水素爆発の映像は記憶から消えない。二〇一一年三月十一日から十六日まで、日本は破滅と紙一重だったのだと改めて確認するのは悪いことではない。というより絶対に必要なことだと思う。

 二〇一二年二月、「民間事故調」の一員として報告書を提出したジャーナリスト船橋洋一は、さらに当事者インタビューを重ね、二〇一二年十二月、個人の著作『カウントダウン・メルトダウン』を上梓した。

 それは「負け戦」の「戦記」であった。凄惨な「勝ち戦」の戦記は役に立たない。しかし負けの理由をさぐり、後退戦を戦った人々の事績を明らかにする「負け戦」の記録は、現在と未来のために欠かせない。

「想定外」の高さの津波で「全電源喪失」、炉と使用済み核燃料プールを冷やせなくなったうえに、あいつぐ水素爆発。二〇一一年三月十四日、東京電力経営陣は、もう手に負えない、「撤退」したい、と菅直人首相に泣きついた。だが、この「戦争」には「撤退=降伏」を認めてくれる「敵」がいない。

「撤退」はチェルノブイリ以上の放射能汚染をもたらし、最悪、東日本と東京は壊滅する。東電本社には疲労とあきらめの色が濃かったが、現場はそうではなかった。

 免震重要棟がたまたま前年に完成していた。使用済み燃料プールにたまたま水が残っていて空焚きにならなかった。注水に使える長いアームを持った「キリン」のようなコンクリート圧送機がたまたま見つかった。それら「たまたま」の組み合わせと、現場の決死の努力が「背骨を折られかけた」日本を救った。

 前作から十年、著者はさらに取材を重ね、当時の緊迫した状況を再構築した。ぎりぎりのところで「完敗」を防いだ人々の活動を再現した。のみならず、一九八〇年代後半から現在までつづく、日本そのものの「負け戦」の本質を明らかにした。

※週刊ポスト2021年7月9日号

関連記事

トピックス

ゆきぽよと
ゆきぽよ「14才年上ラッパー彼氏」と原宿で「のむヨーグルト」ごくごくデート
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん「弁護士事務所で新たな職務」元銀行勤務の能力が高く評価されたか
NEWSポストセブン
小栗旬演じる北条義時(C)NHK
『鎌倉殿の13人』歴史研究家が指摘「このペースでは最後まで終わらない」
NEWSポストセブン
横綱昇進時の照ノ富士と伊勢ヶ濱親方
照ノ富士の師匠・伊勢ヶ濱審判部長に「取組編成が納得できない」の声が続出するワケ
NEWSポストセブン
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
元SMAPでオートレーサーの森且行 リハビリ中のメディア露出増から窺える「覚悟」
NEWSポストセブン
RAD野田洋次郎と馬場ふみか
RAD野田洋次郎、 馬場ふみかとクラブ3軒はしごで音楽を愛した夜 所属事務所は「以前からのお友達」
NEWSポストセブン
小室圭さんの未来は明るい
小室圭さん「3度目司法試験、万が一失敗」でも安泰か 現地日本企業が熱視線
NEWSポストセブン
トイレを掃除して美しく保つことで、どんな効果があるのか(イメージ)
「素手でトイレ掃除」は美談なのか 誤解と懸念がないまぜの議論
NEWSポストセブン
赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
高須クリニック
銀座高須クリニック院長が伝授 マスクを取る前にやっておきたい「たるみケア」
女性セブン