ライフ

【書評】『フクシマ戦記』80年代から続く日本の「負け戦」の本質とは

『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』著・船橋洋一

『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』船橋洋一著

【書評】『フクシマ戦記 10年後の「カウントダウン・メルトダウン」(上・下)』/船橋洋一・著/文藝春秋/各2310円
【評者】関川夏央(作家)

 福島第一原発の激甚事故から十年。まがまがしく黒い大津波、帰宅難民の長い列、それから原発水素爆発の映像は記憶から消えない。二〇一一年三月十一日から十六日まで、日本は破滅と紙一重だったのだと改めて確認するのは悪いことではない。というより絶対に必要なことだと思う。

 二〇一二年二月、「民間事故調」の一員として報告書を提出したジャーナリスト船橋洋一は、さらに当事者インタビューを重ね、二〇一二年十二月、個人の著作『カウントダウン・メルトダウン』を上梓した。

 それは「負け戦」の「戦記」であった。凄惨な「勝ち戦」の戦記は役に立たない。しかし負けの理由をさぐり、後退戦を戦った人々の事績を明らかにする「負け戦」の記録は、現在と未来のために欠かせない。

「想定外」の高さの津波で「全電源喪失」、炉と使用済み核燃料プールを冷やせなくなったうえに、あいつぐ水素爆発。二〇一一年三月十四日、東京電力経営陣は、もう手に負えない、「撤退」したい、と菅直人首相に泣きついた。だが、この「戦争」には「撤退=降伏」を認めてくれる「敵」がいない。

「撤退」はチェルノブイリ以上の放射能汚染をもたらし、最悪、東日本と東京は壊滅する。東電本社には疲労とあきらめの色が濃かったが、現場はそうではなかった。

 免震重要棟がたまたま前年に完成していた。使用済み燃料プールにたまたま水が残っていて空焚きにならなかった。注水に使える長いアームを持った「キリン」のようなコンクリート圧送機がたまたま見つかった。それら「たまたま」の組み合わせと、現場の決死の努力が「背骨を折られかけた」日本を救った。

 前作から十年、著者はさらに取材を重ね、当時の緊迫した状況を再構築した。ぎりぎりのところで「完敗」を防いだ人々の活動を再現した。のみならず、一九八〇年代後半から現在までつづく、日本そのものの「負け戦」の本質を明らかにした。

※週刊ポスト2021年7月9日号

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン